国内外ニュース

青海に重機が大集合 企画展「工事中!」

2019年02月12日 17:18
人の背以上もある油圧ショベルのアタッチメント=東京都江東区の日本科学未来館
人の背以上もある油圧ショベルのアタッチメント=東京都江東区の日本科学未来館

工事現場の看板を集めたコーナー=東京都江東区の日本科学未来館
工事現場の看板を集めたコーナー=東京都江東区の日本科学未来館
 工事現場で働く車が大集合―。ブルドーザーなど最大13トン級の重機の実物を紹介する企画展「工事中!」が、東京・青海の日本科学未来館で開催されている。5月19日まで。

 黄色い重機が並ぶ展示の中で、日本初の油圧ショベル「ユンボY―35」の銀色に輝くボディーがひときわ目を引く。戦後日本の国土開発に貢献した建設機械として「未来技術遺産」に登録された、油圧ショベルの代名詞的存在。メンテナンスが続けられ、現在も動かすことができるという。

 油圧ショベルは工事現場の万能選手。アームの先端部分を鉄骨・鉄筋コンクリートカッターなど、人の背ほどもあるアタッチメントと交換することで、作業の幅が広がる。

 スケールが大きい展示だけでなく、鉄筋の交差部を針金で結束する作業ができる小型ロボットなど、工事の安全や効率化のために開発された新技術も紹介。

 一部展示を除いて撮影自由で、ミニ油圧ショベルに乗って記念撮影も楽しめる。工事現場の看板を集めたコーナーは、格好のインスタ映えスポットだ。

 お笑いコンビ「ANZEN漫才」が企画展の公式サポーターを務める。あらぽんさんは「間近で見ると重厚感がすごい。重機の足回りや顔をじっくり見てほしい」と語り、みやぞんさんも「迫力があって、繊細な動きができるのもすごい」とアピールした。

 3月26日、4月2日、30日を除いた火曜日が休館。観覧料は19歳以上1600円など。問い合わせはハローダイヤル、03(5777)8600。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から