国内外ニュース

道産子の俳優が東京で熱い舞台 地震被害の地元でも上演へ

2018年09月21日 17:50
舞台「雪虫」の一場面=東京都内
舞台「雪虫」の一場面=東京都内
 北海道出身の俳優でつくる演劇ユニット・道産子男闘呼倶楽部が9月、東京・浅草で新作「雪虫」を上演し、人情や郷土愛が混じり合う熱い舞台を見せた。直前に予定していた札幌公演は6日発生の地震で延期に。ユニットは東京公演の収益の一部を義援金に充てるとともに「ぜひ北海道の方に見てもらいたい」と、地元での舞台も実現しようと意気込んでいる。

 「道産子―」は「演劇で北海道を盛り上げられないか」と、東京の人気劇団に所属する犬飼淳治(扉座)、津村知与支(モダンスイマーズ)らが2014年に結成。今回も作・水谷龍二、演出・赤沢ムック、客演に三田村周三、徳橋みのりと北海道出身者で固めた。

 登別の山中を舞台に、元自衛隊員(三田村)、その息子(犬飼)らが織りなす喜劇。「なして?」「ゆるくないよ」とせりふには方言が交じり、ドメスティックバイオレンス(DV)、憲法改正問題や北海道を巡る国際情勢も取り上げられる。

 「部長」の犬飼によると、地震で札幌の劇場に大きな被害はなかったが、セットの運搬や余震への不安から延期を決めた。今後出演者らのスケジュールを調整し、来年にも万全の状態で“凱旋”する考えだ。「北海道各地でワークショップを開いて演劇の楽しさを伝え、過疎化が進む地域の活性化にもつなげたい」。犬飼はその先も見据えている。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から