国内外ニュース

聖武帝・恭仁宮の大極殿規模推定 隣接建物の柱穴見つかる

2017年12月05日 19:16
恭仁宮跡で見つかった朝堂院の塀の柱穴=5日午後、京都府木津川市
恭仁宮跡で見つかった朝堂院の塀の柱穴=5日午後、京都府木津川市
 奈良時代に聖武天皇が造営した恭仁宮跡(京都府木津川市)で、役人が儀式などを行う朝堂院の塀の柱穴が見つかり、府教育委員会が5日、発表した。隣接する国家儀礼を行う区画の大極殿院の南限付近に当たる。調査結果から、大極殿院は南北約215メートル、東西約145メートルの長方形だったと推定できるという。

 府教委によると、今回見つかった穴は五つ。約3メートル間隔で並んでおり、朝堂院の北端の柱跡と考えられる。担当者は「大極殿院は、遷都前の平城宮のものと似た長方形の形状をしていた可能性がある」としている。

 恭仁京は740年、平城京から遷都し、4年後に廃都となった。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から