県内ニュース

立候補予定の2陣営が決起集会 夏の参院選・県区

2019年06月23日 12:50
 7月4日公示(21日投開票)が想定される参院選まで10日余り。県選挙区に立候補を予定している自民現職の大沼瑞穂氏(40)=公明推薦、県内野党統一候補で無所属新人の芳賀道也氏(61)=立憲民主、国民民主、共産、社民推薦=の両陣営はそれぞれ、山形市内で決起集会を開き、夏の政治決戦へのムードを高めた。

総決起大会で気勢を上げる大沼瑞穂氏=山形市
「全身全霊」2期目へ決意―大沼氏
 大沼氏は山形市のパレスグランデールで総決起大会に臨み、支持者と再選に向けて結束を強めた。

 大沼氏が所属する自民派閥宏池会(岸田派)会長の岸田文雄党政調会長は「厚生労働政務官として政策を磨き上げてきた。6年間の成果を開花させてほしい」と激励。乳幼児用液体ミルク解禁への尽力などが紹介され、県市長会長の土田正剛東根市長は「選挙の時だけ集まる『野合』に負ける選挙をやってはいけない」と呼び掛けた。大沼氏は「地域の声をしっかり受け止め全身全霊で2期目も頑張る」と決意を述べた。

 鈴木憲和県連会長、遠藤利明衆院議員、松山政司参院議員、佐藤孝弘山形市長らがあいさつ。ガンバロー三唱した。

集会の最後に拳を突き上げる芳賀道也氏=山形市
緊張感ある国会取り戻す―芳賀氏
 芳賀氏陣営は山形市の山形国際交流プラザで山形地区総決起集会を開催。今回の選挙戦を安倍長期政権を変える好機と捉え、県都・山形市から“風”を起こして戦い抜く方針を確認した。

 アナウンサー時代からの親友という立憲民主党の真山勇一参院議員(神奈川県選挙区)が来援。「あらゆる格差を是正する政治の実現へ芳賀さんは挑戦する。まさに、何とがさんなね(しなければ)ということだ」と激励した。芳賀氏は「議論のある、緊張感のある国会を取り戻したい。それが国民の幸せにつながる」と述べた。

 決起集会に先立ち、芳賀氏は共産党の山下芳生、紙智子の両参院議員らと共に、JR山形駅前で街頭演説を行った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から