県内ニュース

国民年金道場で討論に挑め! 公益大生、高校生向け動画を作成

2019年06月18日 14:01
 東北公益文科大生が高校生に国民年金について学んでもらおうと制作した教育用動画「年金ディベート道場!」
 東北公益文科大(酒田市)の学生が高校生から国民年金について学んでもらう教育用動画「年金ディベート道場!」を作成した。「国民年金の保険料を払うのは損だ」と主張する“ディベートの達人”に挑戦者が反論し、道場破りを目指す内容。高校生に道場破りへの参加を呼び掛け、国民年金のメリットを伝える情報の習得を促している。先月下旬、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。

 公的年金の専門家で、若者への年金教育のシステム確立を目指した研究成果を発表している阿部公一教授のゼミ生8人が取り組んだ。阿部教授は今年2月、ディベートをしながら国民年金のメリットを学ぶ教材冊子を作成。これを基に寸劇に仕立てた。教材冊子の作成でもゼミ生が実際にディベートを行うなど協力しており、その経験を反映させた内容になっている。

 動画では、保険料を払うのは損と主張する達人たちが「保険料は生活費を圧迫する。生活の充実を優先させたい」「アルバイトで賄うには月に約22時間働かなければならない」などと主張。道場破りの挑戦者たちは「親に保険料を肩代わりしてもらうと、親の所得から全額控除でき、税負担を軽くできる」などと反論する。挑戦者側が押されている状況で、高校生に参加を呼び掛けている。

 演出、撮影、編集もゼミ生が行い、約8分半にまとめた。ユーチューブの同大公式チャンネル(https://www.youtube.com/user/koekiuniversity)で見られる。今後、実際に高校生からの年金ディベートを受け付ける予定だ。

 ゼミ長の一人で4年伊藤綺羅さん(22)は「年金のメリットを学ばないと反論できない。年金の大切さを知ってもらうため、多くの高校生に見てほしい」と話す。

 阿部教授の教材冊子も経済教育ネットワークのホームページ(http://www.econ-edu.net)からダウンロードできる。

 問い合わせは同大広報0234(41)1111。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から