県内ニュース

はあちゅうさん「時間は自分のために」 山形北高で文化講演会

2019年05月23日 11:00
SNSの正しい使い方などについて助言するはあちゅうさん=山形北高
 高校生のための文化講演会(山形新聞社、一ツ橋文芸教育振興会主催、文部科学省など後援)が22日、山形北高(小関剛校長、586人)で開かれ、ブロガーで作家のはあちゅうさん(33)が「SNS世代が自分を仕事にする生き方―SNSの正しい使い方も学ぶ」をテーマに講演。情報化社会における自己表現の仕方を提案した。

 はあちゅうさんは「大学時代にネット上の個人日記『ブログ』を始めたことにより自分の居場所を見つけることができた」と振り返り、「やりたいことは自然に見つかってくる。若いうちはいろんな経験を積むことが大事だ」と語った。

 会員制交流サイト(SNS)については「異なる考えを持つ人を攻撃することは、貴重な時間を他人のために費やしていることになる。そのエネルギーをむしろ自分や、自分の大切な人のために使おう」と呼び掛けた。

 講演後は同振興会の関係者が生徒に文庫本100冊を寄贈。図書副委員長の3年栗田実季(みのり)さん(17)は「違う考え方を認め合うことの大切さを学んだ。SNSを上手に利用したい」と謝辞を述べた。振興会は集英社(東京)が1976(昭和51)年に創設した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から