県内ニュース

「ご開帳」ポスター完成 天童・最上三十三観音前年祭で披露

2019年05月16日 14:27
「子歳連合ご開帳」のPRポスターが披露された=天童市・若松観音
 最上三十三観音が12年に1度開帳される「子歳(ねどし)連合ご開帳」を来年に控え、前年祭が15日、第1番札所である天童市の若松観音で開かれ、PRポスターやキャッチコピーが披露された。

 最上三十三観音札所別当会(佐竹義弘(ぎこう)会長)が主催し、各別当や信徒ら約50人が出席した。別当会が公募したキャッチコピーに約900点の応募があり、最優秀賞には熊本市の鍬田(くわた)美奈子さんの「祈るあなたが観音さま」が選ばれた。去年の庄内、今年の置賜に続くご開帳で、それぞれのテーマ「祈り」「観音さまに出会う」を組み合わせ、出羽百観音のラストを飾るにふさわしいと評価された。

 ポスターは観音像のアップが目を引く。各別当の投票で、第10番札所上ノ山のお前立ち観音がモデルに決まったという。最上川の流れと「三十三」をデザインしたロゴを添えた。佐竹会長は「ご開帳は、昭和には50年に1度だった。平成から12年になったが、それでも貴重。仏様のお姿をご覧になりながらの参拝に奮ってどうぞ」と呼び掛けた。

 式典に先立つ法要では、ほら貝の音に合わせて別当らが行進。観音堂内でハスの花をかたどった花を散らす散華(さんげ)を行ってから、お経を唱えた。

 ご開帳は来年5~10月で、番外札所を含む最上、村山地方の34の霊場で行う。問い合わせは別当会事務局の長登(ながのぼり)観音0237(74)3853。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から