県内ニュース

【駅伝】このチームで走る喜び 3チームが壮行・結団式

2019年04月22日 14:07
選手を代表して意気込みを語る管成真一主将=米沢市・置賜総合文化センター
 県縦断駅伝競走大会の米沢、南陽・東置賜、長井・西置賜3チームの壮行・結団式が21日、それぞれ行われ、選手やスタッフらが健闘を誓い合った。

米沢】結団壮行式が米沢市の置賜総合文化センターで開かれ、選手らが健闘を誓った。

 選手や関係者約50人が出席した。県駅伝市実行委員会の色摩安紘委員長が「選手は1年間やるべきことをやってきた。素晴らしいコンディションで大会に臨んでほしい」とあいさつ。選手が一人一人意気込みを述べた。沢田賢一監督は「3日間とも1、2、3区をしっかりと走ってつないでいきたい」と展望を語った。主将の管成真一(介護老人保健施設あづま)は「主力選手が好調。流れを作り、赤いたすきを上位でつなぎたい」と力強く語った。

紺野凌選手が代表してユニフォームを受け取った=長井市置賜生涯学習プラザ
長井・西置賜】結団式が長井市置賜生涯学習プラザで行われ、選手らが本番に向け決意を新たにした。

 選手と関係者約40人が出席。長井西置賜実行委員会の五十嵐英治会長が「昨年の2日目は素晴らしい結果だった。今年もどんなドラマになるか期待したい」と激励。手塚一司監督が「3位入賞を目指し1年間やってきた。2日目の感動を、もう一度地元で味わいたい」とあいさつし選手を紹介した。樋口勝利主将(西置賜行政組合消防本部)が「このメンバーで駅伝をできる喜びをかみしめ、3日間を全力で走り抜ける」と力強く宣誓した。

総合8連覇を目指し選手宣誓する南陽・東置賜の堀宏和主将=南陽市民体育館
南陽・東置賜】結団式が南陽市民体育館で行われ、3日間完全優勝での総合8連覇に向けて士気を高めた。

 南陽・東置賜地区実行委員会の島津良平副会長、小野庄士総監督のあいさつに続き、小野正晃監督が「選手一人一人が力を出し切ることだけに集中して本番に臨む」と決意を披露した。原田俊二川西町長が激励し、主将の堀宏和(南陽市役所)が「日頃の練習の成果と地域の皆さまからの熱い声援を力に変え、最後まで全力で戦い抜く」と力強く宣誓した。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から