県内ニュース

定点撮影~復興、歩み着実に 東日本大震災、きょう8年

2019年03月11日 10:10
【岩手・陸前高田市】(上)海浜新都市の創造をめざし一部で市街地整備が進んでいる=3月6日、(下)大津波で壊滅し民家ががれきとなった中心市街地=2011年3月25日
 東日本大震災から11日で8年。激震と大津波で壊滅した被災地の復興はどれほど進んだのか。震災発生直後と今の状況を定点撮影した写真で比較した。

 岩手県陸前高田市は大規模な土地のかさ上げ、区画整理が今なお続くが一部エリアで住宅や公園、商業施設が再建され市街地の形が現れ始めた。高さ12.5メートル、全長約2キロの巨大防潮堤は2年前に完成しており「海浜新都市」の創造が急ピッチで進む。

 宮城県気仙沼市鹿折(ししおり)地区の市街地はかなり再整備が進み、車が行き交う生活空間を取り戻していた。

 民家が倒壊した福島県南相馬市小高区のJR小高駅前通りは日常風景が広がっていたがビニールシートに覆われたままの民家が震災の爪痕を物語っていた。

 陸前高田市の高台にある神社の絵馬に住民が書いたとみられる言葉があった。「みんなで少しずつ前へ!必ずいい町にするぞ!」。どんなに時間がかかっても無数の人の力が結集し被災地の復興は着実に進む。

【宮城・気仙沼市鹿折地区】(上)街の形を取り戻し車が行き交っていた=3月5日、(下)大津波と火災で壊滅し大型漁船も流れ着いた=2011年3月21日


【福島・南相馬市小高区】(上)日常空間に戻ったが倒壊した民家は今も再建工事が続いている=3月6日、(下)震災発生1年後のJR小高駅前通り。民家が倒壊していた=2012年5月4日

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から