県内ニュース

雛華やかに、春を先取り 酒田・2会場で人形展

2019年02月19日 12:15
 酒田市の市立資料館、松山文化伝承館で地域に伝わる貴重な雛人形や豪華な晴れ着の展示会が開かれている。まだ寒い日が続くが、各会場は一足早く春が訪れたような華やかな雰囲気に包まれている。

旧家に伝わる雛人形と着物を合わせて紹介している=酒田市立資料館
 酒田市立資料館では「おひなさまと晴れを彩る着物」をテーマに16日に始まった。雛人形は、昨年、ロシア・サンクトペテルブルク市にある世界有数の美術館エルミタージュ美術館で展示された江戸時代の古今雛や、酒蔵に伝えられてきた豪華な装飾の古今雛など8組を展示。藤やボタンの花を刺しゅうした江戸時代の紅花染めの小袖、バラや鳥が描かれたあでやかな振り袖など着物10着を合わせて紹介する。

 また、押し絵や美人画の浮世絵のほか、東京六大学野球の人形など小物も多数並び、来場者を楽しませている。4月1日まで。月曜休館。入館料は一般100円、大学生から小学生は50円(土日は小中学生無料)。

      ◇

松山藩の絵師が作った押絵雛は表情や動きがあって見応えがある=酒田市松山文化伝承館
 松山文化伝承館では、江戸と明治の古今雛2組、昭和初期の段飾り4組が並んでいる。「松山のひな人形と子どもの成長を願う玩具」と題し、酒田・鵜渡川原などの土人形やこけし計150体も展示されており、人形の多様な表情が楽しめる内容となっている。

 江戸時代の古今雛は大型で、ひときわ存在感がある。他に、厚紙に綿と端切れを重ねて作った珍しい押絵雛も。松山藩の絵師で江戸後期に活躍した田中静居の作で、丁寧に描かれた顔や着物の柄などをじっくりと見ることができる。入館料360円。4月7日まで(月曜休館)。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から