県内ニュース

少年男子、涙の4位 冬季国体スキー・40キロリレー

2019年02月18日 12:57
〈距離少年男子40キロリレー〉県選抜の2走菊地哲(右、九里学園高)が順位を五つ上げ、4位で3走舟山大陸(左、同)につなぐ=札幌市・白旗山競技場
 第74回国民体育大会冬季大会のスキー競技会は最終日の17日、札幌市の白旗山競技場などで距離とアルペン大回転の両種目が行われた。県勢はともに距離男子40キロリレーで、少年の県選抜(渡辺啓豊、菊地哲、舟山大陸、落合稜介)が1時間52分55秒6で4位、成年の県選抜(鈴木貴弘、古瀬友博、柴崎俊輔、正野貴大)は1時間49分23秒0で8位に入った。

 アルペン大回転少年男子は伊東周悟(日大山形高)の27位が最高。今月の全国高校大会で2種目入賞の鏡大聖(山形中央高)は途中棄権した。

 今大会での県勢の入賞数は5と前回から1増やしたが、表彰台には届かなかった。競技得点は11点で、前回に比べ2点減。参加点10点を加えた21点は男女総合成績(天皇杯順位)で前回を二つ下回る13位だった。

2位守れず「次こそは優勝」
 満足には遠い4位だった。今大会中、県勢最高位でフィニッシュラインを越えた距離少年男子40キロリレー県選抜のアンカー落合稜介(北村山高)に笑顔はなかった。優勝も狙える2位で滑り出したものの、順位を落とした。涙をこらえ「(優勝まで)あと少しだった」と声を震わせた。

 目まぐるしく順位が変動する熱戦に、会場は何度も沸いた。県選抜1走渡辺啓豊(同)は1周目に5位に着けるも、後半はペースを落として先頭集団から後退。9位でスタートした2走菊地哲(九里学園高)は同走2位のタイムでチームを4位に押し上げた。

 見せ場はここからだった。3走は国体初出場の1年舟山大陸(同)。「前だけを見ていた」と勢いよく飛び出すと、粒状の雪面を力まないように蹴り上げ、2人を抜き去って先頭に躍り出た。1人に抜き返されたが、トップとは13秒差で落合に託した。

 「いける」と思い、落合も勢いよく飛び出した。しかし、前半のオーバーペースがたたり、後半は思うように進まない。焦りは体の軸のぶれにつながり、1人、また1人と前を越された。

 レース後「申し訳ない」とうなだれる落合を、他の3人は「お前がいたから4位になれた」とかばった。「次こそ優勝しよう」。その言葉に落合は、チームを引っ張ってきた腕で涙を拭った。

競技力の低下、如実に~県勢振り返って
 県勢は前回より一つ多い入賞5を獲得したが、競技得点は過去10年間で最も低い11点にとどまった。3大会連続で表彰台に届かず、特にアルペン勢は入賞ゼロと寂しい結果に終わった。本県スキー界は競技力低下の現実を如実に突き付けられた形だ。

 個人種目の入賞はジャンプ成年男子Bの遠藤晃太(山形市体協)、距離成年女子B5キロクラシカルの青木富美子(真室川レーシング)のみ。いずれも成年Bのベテランが奮起した。一方、全国高校大会で上位入りした少年勢は力を出し切れなかった。活躍が期待されたアルペン勢は成年男子Aの結城智裕(置環)や少年女子の宮沢莉央(日大山形高)ら実力者がコンディション不良で出場を断念したことも痛かった。

 距離陣はリレーの全カテゴリーで入賞し、意地を示した。少年勢は中学生を含む高校1、2年生が活躍。来季にこの経験をつなげられることは今大会の収穫の一つだ。

 全体的に全国トップとの力の差は明らかだった。背景には競技人口の減少、社会人選手の受け皿不足などさまざまな問題が横たわっている。いずれも「特効薬」はない課題と言える。各競技団体は地元クラブや企業との連携を含め、中長期的な視点での取り組みを一刻も早く進める必要がある。

◆県勢の入賞者
【4位】
▽距離少年男子40キロリレー 県選抜(渡辺啓豊、菊地哲、舟山大陸、落合稜介)
【6位】
▽ジャンプ成年男子B 遠藤晃太(山形市体協)
【8位】
▽距離成年男子40キロリレー 県選抜(鈴木貴弘、古瀬友博、柴崎俊輔、正野貴大)
▽距離成年女子B5キロクラシカル 青木富美子(真室川レーシング)
▽距離女子20キロリレー 県選抜(大場友咲、高橋佳奈子、五十嵐萌、須賀愛依)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から