県内ニュース

日本酒「東光」、米へ輸出開始 小嶋総本店、IWC契機に

2019年02月07日 10:26
米国に初輸出する3銘柄を手にする小嶋健市郎社長(右)と小嶋弥左衛門会長=米沢市
 「東光」で知られる米沢市の老舗蔵元「小嶋総本店」(小嶋健市郎社長)は6日、海外の日本酒最大市場の米国に輸出を開始した。15の国・地域へ輸出の販路を広げてきた同社にとっても米国が最大の輸出先となる見込みで、今後も輸出を増やしていく方針。

 2012年以降アジアや欧州向けに輸出を進めてきたが、市場規模の大きい米国については「慎重にパートナーを選んできた」と小嶋社長。昨年5月に本県で開催されたインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の際、バイヤーが同社を見学したことがきっかけで商談が成立した。

 輸出窓口は、日本酒メーカー十数社と取引がある米国の酒類輸入会社「ヴァイン・コネクションズ社」。酒の味に加え、安土桃山時代創業で米国建国よりも長い歴史や、繊細な味わいと雪国のイメージがマッチすることなどが評価された。

 米国に輸出するのは、国内でも販売する「純米大吟醸袋吊り」「純米吟醸出羽燦々」と、輸出用に開発した「純米大吟醸銀河雫」の3種。初日は4合瓶計3600本を出荷し、4月頃から米国のレストランや小売店に並ぶ。年間で1万2千本の出荷を見込み、国・地域別で本数、金額共に同社の過去最高となるという。

 小嶋社長は「我々が造った酒を世界の人に楽しんでほしい。しっかりと市場を作っていきたい」とし、現在売上の約1割となっている輸出の割合を10年後には2~3割にしたいとしている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から