県内ニュース

終盤に力、高橋(新庄南金山)が連覇 県高校スキー

2019年01月13日 12:41
〈距離女子5キロクラシカル〉巧みなレース運びを見せた高橋佳奈子(新庄南金山)=上山市・坊平高原クロスカントリー競技場
 第68回全国高校スキー大会県予選会を兼ねた第70回県高校スキー大会は12日、上山市の坊平高原クロスカントリー競技場で距離の男女クラシカルが行われ、男子10キロの菊地哲(九里学園)が28分17秒0でフリーと合わせて2冠を達成し、女子5キロの高橋佳奈子(新庄南金山)が16分11秒9で2連覇を果たした。

 13日は同競技場で距離の男女リレーが行われる。

【ヒロイン】前半温存、巧みさ示す―女子5キロクラシカル
 前回2冠の実力者が主役の座を譲るはずはなかった。距離女子5キロクラシカルは高橋佳奈子(新庄南金山)が2位を6秒差で振り切り、大会2連覇を成し遂げた。前日のフリーでは体調不良で5位に沈み、渇望していたタイトルに「女の意地でつかんだ」と喜びをかみしめた。

 巧みなレース運びが際立った。コースは高低差79メートルと起伏に富み、カーブが多く選手同士の距離感がつかみにくい。雪温は氷点下7度、湿度は76.9%と乾いた雪。高い滑走技術が求められる中、高橋は戦略を一つに絞った。15秒差で先発する優勝候補の須賀愛依(新庄北)に「終盤まで付かず離れず、最後の最後に仕掛ける」

 その策が見事にはまった。前半は落ち着いてピッチを刻み、余力を残した。着順ではなく、タイムで争うルールを突き、須賀のスパートを遅らせ、ラスト500メートルを切った上り坂で一気に距離を縮めた。

 昨年は1年生ながら2冠に輝き、追われるプレッシャーもあった。フリーは「1位を取らなければ、という気負いがあったのかも」と高橋。この日は「自分のベストを尽くすことだけに集中できた」。技術面でも精神的にも成長を実感し、笑顔を見せた。

〈距離男子10キロクラシカル〉フリーに続いて頂点に立った菊地哲(九里学園)
菊地(九里学園)が2冠、狙い通り―男子10キロクラシカル
 ○…距離男子の菊地哲(九里学園)は初優勝を決めた前日のフリーに続き、クラシカルでも頂点に立ち、個人2冠を達成。「狙い通りの走りができた」と爽やかに語った。

 すらりと伸びた長い手足で軽やかに雪面を捉え、淡々とピッチを刻んだ。連戦による疲れがたたり「体が動かなかった」というが、板に長く乗ることを意識し、苦手とする緩く長い上り坂もリズミカルに駆け上がった。

 自身初の快挙にも「あくまで通過点」と言う。今季を占う先月の全日本クロスカントリースキー音威子府(おといねっぷ)大会ではフリーで3位、クラシカルは5位。本県高校生で唯一入賞を果たし、全国上位の力を示した。「挑戦者の気持ちでやるだけ」。笑顔の17歳はさらなる高みへ突き進む。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から