県内ニュース

菊地、九里学園勢初V 県高校スキー・男子10キロフリー

2019年01月12日 10:32
〈距離男子10キロフリー〉6キロ手前で菊地哲(九里学園、右)がスパートをかけ、渡辺啓豊(北村山)を引き離す=上山市・坊平高原クロスカントリー競技場
 第68回全国高校スキー大会県予選会を兼ねた第70回県高校スキー大会は11日、上山市の坊平高原クロスカントリー競技場で距離の男女フリーが行われ、男子10キロの菊地哲(九里学園)が26分42秒6で同校初の優勝を果たした。女子5キロは岸桃加(新庄北)が15分42秒2で頂点に立った。

 12日は同競技場で距離の男女クラシカルが実施される。

【ヒーロー】ハイペース、ライバルに50秒差
 勝負どころを心得ていた。6キロ手前。距離男子10キロフリーの菊地哲(九里学園)が待ってましたとばかりに、前回5秒差で敗れた渡辺啓豊(北村山)を引き離しにかかる。追いすがる様子を背中越しにうかがいながら、直後の上りでギアチェンジ。ライバルを50秒差で退け、九里勢初優勝を決めた。

 雪質、天候ともに安定し申し分ないコース状況の中、選手個々の実力が試される勝負となった。菊地は15秒刻みにスタートする最終滑走者として登場。「序盤から突っ込んだ」とハイペースを貫き、15秒差で前を行く渡辺を5キロ地点で捉えた。機を見て前に躍り出し、6キロ手前からの緩く長い上り坂に差し掛かると、ギアを上げ強敵を突き放した。

 中学時代は全国大会入賞も経験したが、昨季は高校進学など環境の変化に戸惑い、結果が出ずに苦しんだ。オフシーズンは自らの現状を見つめ直し、ピッチからストライドに走法を変更。徹底した肉体改造も幸いし「苦しい終盤も体が動いた」と納得顔で振り返った。

 個人2冠に向け、12日のクラシカルでも頂点を狙う。前回は7位だったが「1年前と違う自分を示すには格好の舞台」と慢心はない。「目標の全国制覇に向け、弾みをつける」。2年生の胸には大きな野心がある。

〈距離女子5キロフリー〉優勝した岸桃加(新庄北)
力強く岸(新庄北)頂点 女子5キロフリー
 ○…距離女子5キロフリーは岸桃加(新庄北)が制した。自身で初めて表彰台の一番高い所に立ち「素直にうれしい気持ちでいっぱい」と、新年初戦の好スタートに手応えを口にした。

 起伏に富み「休むところがない」というコースで粘り強さを発揮した。ストックを突くと同時に片足を踏み込み、逆足を滑らせる「クイック走法」で力強く進み、先行する選手を次々とかわした。1キロすぎで「1位だぞ」と知らされたが、最後まで自分の滑りを崩さなかった。

 岸の活躍が刺激となって新北勢は表彰台を独占。一躍ヒロインになった岸は自らを誇るより「みんなのおかげ」とチームメートをたたえた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から