県内ニュース

「幸花久」の子牛に121万円 本格出荷、新庄で初競り

2019年01月10日 11:38
県産種雄牛「幸花久」の子牛の競りが行われ、121万9千円の高値が付いた=新庄市・山形最上家畜市場
 県が交配し本県和牛生産を支える種雄牛として期待される「幸花久(ゆきはなひさ)」の血を引く子牛が9日、本格的に市場出荷された。新庄市鳥越の山形最上家畜市場で行われた山形最上子牛市場の初競りに17頭が上場され、うち1頭にこの日の最高値121万9千円の値が付き、市場が活気づいた。

 初競りには幸花久の子牛を含め、最上、村山、庄内地方の繁殖農家から生後8、9カ月の雌牛と去勢した雄牛の計222頭が上場され、競りにかけられた。平均価格は74万円だった。

 1頭ずつ市場中央に引き出され、競り人の威勢よい掛け声でスタート。県内外の肥育農家や農業関係者など83人の購買者が、血統や健康状態、体形などをチェックして値を付けた。

 最高値の子牛を生産した高橋光広さん(69)=最上町志茂=は「ご祝儀相場の意味合いもあるだろうが、高値で驚いた。1頭40万円ほどだったころを考えると信じられない価格。これからも幸花久の子牛を育てたい」と話していた。

 幸花久は種雄牛として2017年にデビューし、繁殖用の精液を提供している。幸花久を父に持つ肥育牛の肉質は抜群に良いという。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から