県内ニュース

光のイベント、この冬も華やかに 東根・ウインターフェス、12月1日開幕

2018年11月13日 10:15
イルミネーションが街中を彩る「ひがしねウインターフェスティバル」。昨季よりパワーアップした内容でにぎわいを創出する=昨年12月1日、東根市・まなびあテラス
 東根市のまなびあテラスを会場とした光のイベント「ひがしねウインターフェスティバル」が今季も12月1日に開幕する。昨季を上回る約12万個の発光ダイオード(LED)を装飾し、きらびやかな光で街中を彩る計画。さらに12月の週末と祝日にはクリスマスマーケットを開くなど、充実した内容で市中心部のにぎわいを創出する狙いだ。

 ウインターフェスティバルは冬の新たなイベントとして昨季から始まった。約7万5千個のLEDが幻想的な雰囲気を演出し、連日大勢の市民らでにぎわった。インターネット上のイルミネーション特集で話題に上るなど、夜の注目スポットとして定着し、約5万3700人が足を運んだ。

LED1.5倍超に
 今季のウインターフェスティバルは来年1月14日までで、敷地内の公園にLEDを装飾する。エリアを拡大して昨季の1.5倍超の個数を飾り付けるため、電飾ツリーや光をまとった立ち木などの輝きはより華やかになる見込みだ。さらに同施設では、光の反射を利用した「光の箱」と呼ばれるアート作品500個を屋外に向けてガラス越しに展示し、市内の小学生が製作した幻想的な「光の芸術」でイベントを盛り上げる。

 クリスマスマーケットは12月24日までの土、日、祝日の9日間を予定する。毎回7~12の店舗がブースを開設し、ホットワインやベーグル、ドーナツなどに加え、雑貨類も販売。合わせて東桜学館高吹奏楽部などのミニコンサートやアートユニット・uwabamiによるパフォーマンスなども繰り広げられる。

 市の担当者は「冬の楽しみとして定着し、街中がより活気づくきっかけになれば」と期待している。期間中は同施設でも多彩なイベントを開催するほか、施設内のカフェでは限定メニューを提供する。

 イルミネーションの点灯時間は午後5~9時半。問い合わせは市商工観光課内の実行委員会事務局0237(42)1111。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から