県内ニュース

小汐山の化粧まわし、川西の生家へ 江戸の力士、南陽の研究家が譲る

2018年10月20日 10:41
「米沢藩力士譚小汐山夢ふたつ」。狩野文信の小汐山肖像を表紙に使った
「米沢藩力士譚小汐山夢ふたつ」。狩野文信の小汐山肖像を表紙に使った
 川西町玉庭出身の江戸時代の力士「小汐山(おしおやま)」が米沢藩主から拝領した化粧まわしが、約60年ぶりに生家の吉村敏明さん(83)宅に戻った。獣医師で相撲研究家の小形芳美さん(63)=南陽市荻=が小汐山の物語を書籍にまとめたのを機に、所有していたものを譲った。化粧まわしとの“再会”を果たした吉村さんは「家宝として長く大事にしていきたい」と喜んでいる。

 小汐山は本名を吉村五右衛門という。1769(明和6)年に玉庭の足軽の家に生まれ、江戸などで活躍し、97(寛政9)年に20代の若さで亡くなったとされる。化粧まわしに関しては諸説あるが、米沢藩主に従って江戸に行った際、江戸相撲の大関を破り、その褒美の一つだったと伝わる。

 朱色の地に黒色で「小汐山」の文字が入り、生家で受け継がれた。地元出身の絵師狩野文信(1890~1976年)もこれを着けた小汐山の絵を残している。一方、小汐山のしこ名は2代目、3代目と受け継がれ、化粧まわしは約60年前に吉村家から県内の2代目の子孫に渡ったという。

 小形さんは獣医師として玉庭地区の農家などを回っていた際に小汐山の存在を知った。30年ほど前、古美術商から化粧まわしが県外に流出する恐れがあると聞いて買い求め、研究を深めた。

 集めた資料から生年が伝承よりも前で、江戸以外に京都でも活躍し、しこ名は京都にある「小汐山」から付けられたことなどを突き止めた。さらに、小汐山は米沢での相撲興行を取り仕切っており、その褒美として9代藩主・上杉鷹山から化粧まわしを授かった可能性もあるとした。今年9月にこれらの研究成果をまとめ、「米沢藩力士譚(たん) 小汐山夢ふたつ」を出版した。

生家に戻った化粧まわしを見詰める(左から)小林幸子さん、吉村敏明さん、小形芳美さん=川西町玉庭
生家に戻った化粧まわしを見詰める(左から)小林幸子さん、吉村敏明さん、小形芳美さん=川西町玉庭
 小形さんは吉村さんに書籍を届け、その際に「研究が一区切り付いた。化粧まわしはあるべき場所に」と打診し、譲渡が決まった。戻るに当たり、小形さんや吉村さんの家族が集まり、小汐山を題材にした昔話を伝承している小林幸子(ゆきこ)さん(82)=同町上小松=の紙芝居を観賞して思いをはせた。

 吉村さんは子どものころに化粧まわしを見た記憶があり、久々に目にし「保管状態も良くて感謝しています」と喜ぶ。息子の邦雄さん(59)は保管と観賞用の箱をきり材で作った。小形さんは「郷土の偉人として、小汐山のことを多くの人に知ってほしい」と話している。

 化粧まわしは21日まで、玉庭地区交流センター四方山館で開催中の狩野文信作品展で公開している。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から