県内ニュース

車や住宅など、大きな買い物思案 消費税10%、県内の反応

2018年10月16日 08:45
大きな買い物は「増税前に」と、住宅などの駆け込み需要も見込まれる=山形市平清水1丁目の住宅展示場
大きな買い物は「増税前に」と、住宅などの駆け込み需要も見込まれる=山形市平清水1丁目の住宅展示場
 消費税10%へ―。首相の増税表明を受け、県民からは車や住宅など「大きな買い物は早めにしたい」と、駆け込みでの購入を検討する声が聞かれる一方で、苦しい経済環境の中で増税に疑問を呈する人もいた。軽減税率の適用で商品によって税率に違いで出ることから、小売店などでは煩雑な作業への懸念もあるようだ。

 スーパーでは、軽減税率が適用される飲食料品と適用されない商品を扱う。ヤマザワ(山形市)は、単品ごとの消費税率のレジ登録を想定している。販売担当者は「これまでの一律の増税とは異なり、大変な作業となる」と話す。一番の悩ましいのは、買った商品を店内で飲食できるイートインコーナーだ。財務省はイートインを「外食」扱いとする方針を変えておらず、総菜などをそこで食べる場合は税率が10%となる。担当者は「セルフレジの導入も進めており、店内で食べるかをどうやって確認したらいいのか…」と心配を口にした。

 「駆け込み需要の反動減が起きないよう、政府が対策を取ると思う」と語るのは山形日産自動車(同)の小関眞一社長。トランプ米政権による自動車高関税の検討、世界同時株安など世界的な波乱要素もあり、「販売の先行きは不透明」との懸念もある。

 小関社長は全国の自動車ディーラーで組織する日本自動車販売協会連合会(東京、自販連)の会長を務め、業界を挙げて自動車税の軽減や自動車重量税の廃止を求めている。景気の回復基調を受けて新車販売台数は増えているが、小関社長は「増税で車の買い替え間隔が延び、販売台数は落ちるかもしれない」と見通す。

 住宅は、来年9月末までに引き渡しが完了しなければ10%の税率になる。ただ、注文住宅の場合は経過措置として、来年3月31日までに契約すれば10月以降の引き渡しでも8%が適用される。前回の増税より引き上げ幅は小さいが、ササキハウス(同市)の担当者は「一定程度の駆け込み需要はある」と見る。駆け込み需要に大工の人手不足も加わり、住宅の完成時期が施主の思い通りにならない可能性もあるという。

■県民の声
 消費者は、増税前に大きな買い物を済ませたいようだ。

 スーパーに昼食を買いに来た山形市南原町1丁目、会社員渡辺拓也さん(32)は「いよいよといった感じ。1人暮らしで外食が多く毎日の負担が増えそう。車などの購入は早く済ませようかな」と話した。米沢市下花沢2丁目、保育教諭佐藤友香さん(28)は「軽減税率で品物によって税率が異なるのは、買い物のときに大変そう。車などは税率が上がる前に買いたい」と話した。

 酒田市両羽町、自動車整備・販売業加藤成(まさる)さん(41)も「車や大型家電などは前倒しで買うことになるだろう」と話し、「増税よりも無駄を削って、本当に必要な施策に予算を充ててほしい」と政府の施策に注文をつけた。

 「人生最大の買い物」とされる住宅はどうか。山形市の住宅展示場「やましんハウジングプラザ平清水」を訪れた南陽市の60代の夫婦は「増税は苦しいが、大きな買い物だからこそ妥協したり、焦ったりしたくない。すごく葛藤している」と苦悩している様子。新築から10年で、給湯器などの買い替えを考えている山形市の40代男性は「値が張るので今のうちにやっておきたい」と話した。

 一方、尾花沢市新町2丁目、無職鎌田令子さん(78)は「増税は嫌なことだ」と厳しい表情で語った。「一人暮らしで年金は少なく、主人が入っている施設への支払いもある。財布のひもを締めるしかない」

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から