県内ニュース

ボート競技の大ベテランたちが酒田へ オールこぎ周遊楽しむ

2018年10月15日 22:47
青空の下、ボート愛好家たちが日本海や鳥海山を楽しみながらオールをこいだ=酒田市
青空の下、ボート愛好家たちが日本海や鳥海山を楽しみながらオールをこいだ=酒田市
 学生時代にボート競技に情熱を注いでいた全国の愛好者でつくる「良い会」のメンバーが15日、酒田市を訪れ、庄内の風景を楽しみながら京田川や最上川でオールをこいだ。

 同会は、大学時代に五輪出場を目指してしのぎを削ったベテランたちが集い結成された。2006年から年1回、全国の川や湖を訪れてボートを楽しみ、現地の愛好者と親交を深めている。今年は「出羽コース」として、酒田と秋田県由利本荘市の子吉川を訪れる。

 北海道から南は山口県まで60~80代の48人が参加した。競技用ボート9艇とモーターボート1艇に乗り込んで、両羽橋から最上川河口までの約6キロをゆっくりと周遊した。大隅多一郎会長(76)=東京都港区=は「波もほとんど無く絶好のコンディション。日本海や鳥海山を存分に楽しみたい」と話していた。

 参加者は同日夜、県ボート協会(牧秀樹会長)の関係者らと親睦を深め、16日は市内観光後に由利本荘市へ移動する。

関連写真

  • 青空の下、ボート愛好家たちが日本海や鳥海山を楽しみながらオールをこいだ=酒田市
  • 青空の下、ボート愛好家たちが鳥海山や日本海を楽しみながらオールをこいだ=酒田市
  • 晴天の下、鳥海山や日本海を楽しみながらオールをこいだ愛好家たち=酒田市
  • 晴天の下、鳥海山や日本海を楽しみながらオールをこいだ愛好家たち=酒田市

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から