県内ニュース

父の古里で特別な日々を ドイツ在住の佐藤兄弟、初の長期滞在

2018年08月09日 12:54
社会の授業でクラスメートと話し合う兄佳雄君=真室川町真室川中
社会の授業でクラスメートと話し合う兄佳雄君=真室川町真室川中
 ドイツ・ベルリン在住の佐藤ルーカ佳雄(かいゆう)君(12)とニーノ雄真(ゆうま)君(11)兄弟が、4月から父親の出身地の真室川町大沢に滞在している。1学期の間は町内の学校に通い、野球チームにも加わった。同年代の友達と交流を深め、日本での生活を満喫している。

 2人の父雄平さんはベルリンのオペラ劇場で活躍するテノール歌手。4月初めに東京、広島、大阪での日本公演に出演するため、妻カタリーナさん(ドイツ出身)と子どもたちを連れて帰国した。公演後は同町に一家の住所を移し、オペラ劇場の休演期間に合わせて雄平さんの実家で暮らしている。

 佳雄君は真室川中1年、雄真君は真室川あさひ小5年に編入した。日本での教育を経験させたいという両親の考えで、2年前から夏休み前に同町を訪れ1週間ほど体験入学していたが、長期の在籍は初めて。

 2人とも「最初はなじめるか心配で緊張した」と話すが、過去2度の体験入学で同級生と親しくなっており、久しぶりの再会後はすぐに慣れたという。ドイツで日本人学校に通っているため、日本語での会話や漢字の読み書きはばっちり。

校外学習で地域の伝承野菜について学ぶ弟雄真君(左)=真室川町・湯ノ前おら家
校外学習で地域の伝承野菜について学ぶ弟雄真君(左)=真室川町・湯ノ前おら家
 佳雄君の好きな教科は体育で、雄真君は地元の伝承野菜の授業が印象的だったという。好きなメニューは「白いご飯と焼き魚」(佳雄君)「油揚げと豆腐のみそ汁」(雄真君)と、日本の給食も堪能した様子だ。

 兄弟共通の夢は「日本でプロ野球選手になること」。それぞれ野球チームに入り週3~7日、練習に打ち込んでいる。ドイツで所属しているチームと違い、日本独特の上下関係などに戸惑うこともあったという。それを乗り越え、佳雄君の所属する新庄リトルシニア(新庄市)は全国大会に進み、雄真君は真室川ジャイアンツ(同町)の一員として試合に出場した。

 町での学校生活を振り返り、佳雄君は「野球を頑張れたし同級生たちとも仲良くなれて良かった」、雄真君は「友達とけんかもするけど“ずっといてほしい”と言ってもらった」と笑顔を見せ、夏休みに頑張りたいことは「やっぱり野球」と声をそろえた。一家は23日まで町に滞在し、ドイツに戻る予定。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から