県内ニュース

びっくり、科学って面白い! 真室川小で「わくわく」教室

2018年07月23日 20:29
巨大な空気砲から発射された煙に喜ぶ児童=真室川町・真室川小
巨大な空気砲から発射された煙に喜ぶ児童=真室川町・真室川小
 実験を通じて科学の面白さを体験する「わくわく科学教室」が23日、真室川町の真室川小(190人、姉崎秀悦校長)で開かれ、全校児童がエネルギーの仕組みを楽しく学んだ。

 昨年に続く開催で、最上広域市町村圏事務組合教育研究センター(新庄市)の教員3人が講師を務めた。最初の実験は前回失敗に終わった「水素ロケット」。点火した水素が爆発する力を利用して空き缶のロケットを発射させ、風船を割って見事リベンジを果たした。水素の燃料電池を使った小さな車が走りだすと、子どもたちは目を丸くしてくぎ付けに。

 大きな箱をたたいて穴から空気を送り出す「空気砲」の実験では、頭上に飛んできた巨大なスモークの輪をつかもうと、歓声を上げて飛び跳ねていた。3年佐藤愛夏さん(8)は「空気の形は雲みたいだと思っていたのでびっくりした。理科がすごく好きになった」と笑顔を見せた。

関連写真

  • 巨大な空気砲が発射され、喜ぶ児童=真室川町・真室川小
  • 巨大な空気砲が発射され、喜ぶ児童=真室川町・真室川小
  • 巨大な空気砲が発射され、喜ぶ児童=真室川町・真室川小
  • 電池を使わず、水素の力で動く車にくぎ付けの児童=真室川町・真室川小

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から