県内ニュース

全11週のリレー締めくくる 最上川を歩く・最終週

2018年07月21日 22:55
参加児童の名前が記されたビッグフラッグの前で決意を延べる遊佐小児童代表
参加児童の名前が記されたビッグフラッグの前で決意を延べる遊佐小児童代表
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は最終週の21日、遊佐町遊佐小(伊藤順一校長)の4~6年生25人がアンカーを務め、全11週にわたるリレーを締めくくった。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 最後の出発式が同校で行われた。国土交通省酒田河川国道事務所の赤城尚宏所長があいさつし、遊佐小近くを流れる月光川と最上川のつながりなどを紹介しながら、「これから皆さんが体験することは意義深いものになるはず」と激励した。伊藤校長は「最上川、山形県、庄内の良さを満喫しよう」と呼び掛けた。

 児童を代表し、6年の斎藤翼君(11)と柴田暖人君(12)が、参加児童がバトン代わりにつないできたビッグフラッグを掲げた。6年阿曽龍琥君(12)が「遊佐町を流れる月光川、牛渡川と最上川を比べ、最上川の雄大さを感じたい」と決意表明した。

 厳しい暑さの中、子どもたちは小まめに水分補給しながら河口を目指して歩いた。途中、工業用水の浄水施設で川水の利用方法について学習し、水質検査を通じて最上川の状況を確認。草刈り機の操縦も体験し、堤防管理の重要性を実感した。国土交通省酒田港湾事務所の港湾業務艇に乗船し、海風を浴びながら、発展を遂げる酒田港の景色を目に焼き付けた。

 総合閉会式では、酒田港湾事務所の玉石宗生所長が児童の頑張りをたたえ「探検リレーは終了したが、今後も最上川、酒田港の勉強をしてほしい」と期待した。

 同事業は16年目で、今回は5月12日に米沢市の源流域を起点に開始した。計276人の子どもたちが参加した。

関連写真

  • 庄内中央大橋付近の最上川沿いを歩く児童=酒田市
  • 庄内中央大橋付近の最上川沿いを歩く児童=酒田市
  • 庄内中央大橋付近の最上川沿いを歩く児童=酒田市
  • 遊摺部浄水場で水をきれいにする実験を見学=酒田市
  • 遊摺部浄水場で水をきれいにする実験を見学=酒田市
  • 遊摺部浄水場の役割について説明を聞く児童=酒田市
  • 色でチェックできる水質検査を体験=酒田市・最上川スワンパーク
  • 色でチェックできる水質検査を体験=酒田市・最上川スワンパーク
  • 歩行中の休憩タイムに袋に入った氷を頬に当てて「気持ちいい!」
  • 草を丸める梱包機の操縦を体験した=酒田市・最上川スワンパーク
  • 草を丸める梱包機の操縦を体験した=酒田市・最上川スワンパーク
  • 梱包機で丸めた草を持ち上げる児童=酒田市・最上川スワンパーク
  • 閉会式で完歩証を受け取る児童代表=酒田港

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から