県内ニュース

JR新潟駅で同一乗り換えホーム完成セレモニー

2018年04月15日 22:45
同一乗り換えホームの完成を記念し、テープカットが行われた=新潟市・JR新潟駅
同一乗り換えホームの完成を記念し、テープカットが行われた=新潟市・JR新潟駅
 JR新潟駅の高架化が一部完了し、庄内地方を結ぶ羽越本線特急いなほと上越新幹線の同一乗り換えホームが15日、運用を開始した。同駅で完成セレモニーが行われたほか、いなほ停車駅の鶴岡、酒田両駅でも乗客へのおもてなしイベントが展開された。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 新潟市などが進める新潟駅周辺整備事業の一環で、在来線ホーム(2~5番線)を新幹線と同じ高架ホームに接続し、高低差を解消して移動しやすくした。事業費は約15億円。いなほが乗り入れる5番線が、専用の自動改札機を設けた新幹線の11番線と隣り合わせになり、上り5本、下り6本で直接乗り換えできる。

 セレモニーで篠田昭新潟市長、米山隆一新潟県知事、今井政人JR東日本新潟支社長らが「庄内・秋田方面への観光の活性化、来年度の新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーンの盛り上がりに結び付けたい」などとあいさつ。テープカットに続き、乗客に記念の米粉パンを贈った。利用客は同一ホームの改札を通ってスムーズに乗り換え。鶴岡市の男性会社員(65)は「移動が楽になった」と笑顔で語った。

 鶴岡駅でのおもてなしイベントには県庄内総合支庁や鶴岡市地域振興課の職員ら計10人ほどが参加。天神祭の「化け物」に扮(ふん)し、特産のブルーベリージュースを振る舞ったほか、観光パンフレットなどを手渡した。新潟駅で新幹線からいなほに乗り換えた三重県四日市市の無職男性(76)は「荷物の多い観光客には同一ホームは非常に便利」と話していた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から