県内ニュース

【モンテ】耐えて初勝利もぎ取った 熊本に2-1

2018年03月12日 11:07
〈熊本―山形〉前半38分、山形の小林成豪(中央)が先制ゴールを決め、抱き合って喜ぶ=熊本市・えがお健康スタジアム
〈熊本―山形〉前半38分、山形の小林成豪(中央)が先制ゴールを決め、抱き合って喜ぶ=熊本市・えがお健康スタジアム
 サッカーJ2は第3節最終日の11日、各地で10試合が行われた。モンテディオ山形は熊本市のえがお健康スタジアムで熊本と対戦し、2―1で今季初勝利を挙げた。通算成績は1勝1敗1分け、順位は10位。

 山形は大卒ルーキー2人を起用した布陣で臨んだ。相手に攻め込まれる展開が続いたが、前半38分にゴール中央のこぼれ球をFW小林成豪が右足で流し込み、前半を1―0で折り返した。後半13分に追い付かれたものの、同26分にFKの流れから小林が勝ち越し点を決めた。

 このほか、山口は栃木に5―2で大勝し、大分に1―0で競り勝った岡山とともに開幕3連勝とした。昨季J1の甲府は町田と0―0で引き分け、2分け1敗となった。

 17日の第4節は山形のホーム開幕戦で、天童市のNDソフトスタジアム山形で町田と顔を合わせる。

【評】山形は試合の大半を攻め込まれながらも耐え抜き、勝利をものにした。前半は特に攻め手を欠きシュート3本にとどまったが、FW小林が少ない好機を得点に結び付けた。後半途中には交代に伴って4―4―2に陣形を変更。相手に中盤のスペースを与えず、セカンドボールへの意識を高めた。GK児玉が窮地で好セーブを連発し、1失点でしのいだ。

守備はもっと強さを求めていく
 木山隆之(たかし)監督の話 前半に押し込まれたが、耐えている間に1点が取れたこと、後半はどちらにもチャンスがありながら先に(得点を)取れたことが良かった。ただ、課題もたくさん出た試合。守備の面はもっと強さを求めていかなければいけない。アウェーが3戦続いたが、何とか五分で切り抜けた。次はホーム2連戦を取れるように努力したい。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から