県内ニュース

福原27年ぶり栄冠 県中学スキー・距離女子リレー、男子は金山V

2018年01月14日 16:13
〈距離女子9キロリレー〉福原のアンカー落合楽が最後の力を振り絞り、フィニッシュラインを目指す=上山市・坊平高原クロスカントリー競技場
〈距離女子9キロリレー〉福原のアンカー落合楽が最後の力を振り絞り、フィニッシュラインを目指す=上山市・坊平高原クロスカントリー競技場
 第57回県中学総体スキー競技大会は13日、上山市の坊平高原クロスカントリー競技場で、距離の男女リレーを行った。男子20キロリレーは金山が終始リードし、57分45秒0の記録で3年ぶりの頂点に立った。女子9キロリレーは1走大場友咲が広げたリードを守った福原が逃げ切り、31分11秒2のタイムで27年ぶりの栄冠をつかんだ。

1年生アンカー激走、逃げ切り―女子・福原
 大歓声に包まれながら、福原のアンカー落合楽(らら)は距離女子9キロリレーのフィニッシュラインを目指した。レースを終えて泣き崩れた落合をチームメートが抱き締め、27年ぶり優勝の感激を分かち合った。

 前日のクラシカルを制した1走大場友咲、同種目2位の2走で楽の姉・虹(なな)が確保したリードをいかに守りきるか―。「先行逃げ切り」を狙う福原は、1年生の楽が勝負の鍵を握っていた。

 エース大場は最後にコースを誤るアクシデントがあったが、すぐに挽回して2位に約25秒差でリレー。虹は差を詰められながらも「何としても1位でつなぐ」との執念で17秒差で妹に託した。「初めての大きな大会で緊張した」と楽。2位の金山に徐々に迫られ、最後の下りで逆転を許したが、相手が転倒したことから再びトップを奪い返した。

 「すぐ後ろにつかれていると思った」と、必死の形相でラストスパートを掛けた楽はフィニッシュ後、しばらく動くことができなかった。大場は「ありがとう」と楽を抱き起こし、虹は「今日は良く頑張った」とねぎらった。作戦通り逃げ切ったレース。しかし、涙をぬぐった楽は「ほっとした」としながらも「相手が転ばなかったら勝てなかった」。そして「東北大会では実力で勝ちたい」と誓った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から