県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

限定酒、1カ月前倒しで出荷 東北銘醸、年末年始見据えて

2017年12月08日 09:42
出荷を前倒しした「純米吟醸生原酒 魔斬」の出来栄えを確かめる佐藤淳司社長(右)ら=酒田市
出荷を前倒しした「純米吟醸生原酒 魔斬」の出来栄えを確かめる佐藤淳司社長(右)ら=酒田市
 東北銘醸(酒田市、佐藤淳司社長)は、限定商品「純米吟醸生原酒 魔斬(まきり)」を例年よりも約1カ月前倒し出荷を始めた。今年から魔斬の輸出を始めた米国でのニューイヤー商戦、国内でのクリスマスや年末年始商戦を見据えた試みで、米国での市場拡大に加え、国内での需要増も目指す。

 魔斬は本辛口の純米酒が定番で、切れ味の良さとうまさを備え、同社の人気の商品。生原酒は、純米酒の製造過程で火入れをする前の商品で、寒い時期に数量限定で販売している。

 同社は、2000年から本格的な輸出に乗りだし、出荷量を伸ばしてきた。生原酒の魔斬は今年2月に720ミリリットル瓶で数百本を初めて米国に輸出。「ドラフト サケ エクストラ ドライ」としてPRし、ニューヨークやロサンゼルスのレストランで提供され「フレッシュでジューシー」と高い評価を受けた。米国のニューイヤー商戦参入に向け、通常は1月中旬にスタートする出荷を約1カ月前倒しすることにした。

 国内でもファンの多い商品で、クリスマスや年末年始の高需要期に出荷、販売を合わせた。「魔」を切る縁起のいい酒として特に正月の需要を見込んでいる。米国には今月下旬に届く予定。7日は現地の販売を手掛ける企業の代表者らが東北銘醸本社を訪れ、仕込み状況や市場動向について情報交換し、味を確かめた。

 佐藤社長は「米国は最も手応えを感じる海外市場で、魔斬は主力の一つ。ヨーロッパなどへの拡大も狙いたい」と語る。生の魔斬は720ミリリットル入りで1512円。問い合わせは同社0234(31)1515。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から