県内ニュース

【パスラボ】新外国人エレチが加入

2017年12月02日 08:54
 パスラボ山形ワイヴァンズは1日、米国出身のアンソニー・エレチ(24)と2017~18年シーズンの契約を結んだと発表した。既にチームに合流し、リーグへの選手登録が済んだため、青森との2連戦から出場することができる。

 米国のモアヘッド州立大を卒業後、昨季は英国のリーグに所属した。ポジションはパワーフォワード。身長203センチ、体重108キロ。背番号は「22」に決まった。高い身体能力を生かした攻守の激しさが持ち味だという。

 チームは先月26日付でロターナ・ウォーボとの契約を解除。今季加入した2人目の外国人選手退団となっていた。

練習中に笑顔を見せるアンソニー・エレチ=天童市・県総合運動公園アリーナ
練習中に笑顔を見せるアンソニー・エレチ=天童市・県総合運動公園アリーナ
日本初挑戦、奮闘誓う
 寡黙なイメージが強いエースのビリー・マクシェパードとは対照的に、屈託のない笑顔がトレードマークだ。新加入のアンソニー・エレチは「ハードワークで勝つためにプレーしたい」と語り、初挑戦となる日本での奮闘を誓った。

 チーム内ではマクシェパードとウィル・クリークモアに続く、もう一人の外国人選手が戦力になりきれない状況が続く。ジョセフ・クックエグゼクティブコーチの「サイドからサイドまで積極的に動いてほしい」との期待を背負い、11月28日に練習に合流した。

 自身の持ち味を「多様性」と表現した。身長203センチで他選手と比べて高さは劣るものの、「守備はどこでもできる。ボールも扱えるし、リバウンドも取れる」と自負する。1日の練習で豪快なダンクシュートを決め、チームメートをうならせた。

 自分のことを「ハッピーな男」と語る明るさで、早くもチームに溶けこみ始めている。コンディション調整とチーム戦術の理解を直近の課題に挙げ、「勝利に執着し、何でもこなしたい」と白い歯をのぞかせた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から