県内ニュース

天童古城調査、多数の柱穴を検出 御殿跡の確認は持ち越し

2017年11月24日 12:38
柱穴があった場所を指す大類誠さん(左)と保角里志さん=天童市・舞鶴山
柱穴があった場所を指す大類誠さん(左)と保角里志さん=天童市・舞鶴山
 天童市の舞鶴山として親しまれている天童古城の主郭跡発掘調査で、多数の柱穴が検出されたことが23日、分かった。初年度の調査は終了し、最大の焦点である御殿跡の確認は来年度以降に持ち越された。市教育委員会は25日、現地説明会を開く。

 天童古城は、天童氏が戦国時代まで209年間にわたって本拠とした県内では中世最大の山城。1584(天正12)年、最上義光に攻められ落城した。2021年度までの調査で、強大な権力を誇った御殿跡、落城した際の焼け跡の出土が注目されている。

 初年度は約170平方メートルを掘り進めた。多数出土した柱穴の中には、のみで岩盤をくりぬいた際の痕も確認された。多数の建物跡の存在が分かったが、どんな建物かは特定できず、来年度は発掘エリアを広げ柱穴から建物の配置、規模の確認に入る。

 遺物は少なかったものの、当時極めて貴重だった青磁片が出土した。いずれも調査リーダーで日本考古学協会員の大類誠さん、保角里志さんは「中国からの舶来品とみられ、天童氏の豊かな財政力を示す」と解説する。

 大きな建造物の土台となる礎石はほとんど確認されなかった。落城後、義光が建立した愛宕神社の土台に多数の川原石が使われており、天童古城の礎石を転用したらしいという。

 現地説明会は午後1時半、舞鶴山山頂駐車場に集合。現地まで20分ほど歩く。問い合わせは市教委生涯学習課023(654)1111内線833。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から