県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

県内3行、中間決算そろう 改善へ方策模索

2017年11月15日 14:36
PR
 きらやか銀行(山形市)の親会社じもとホールディングス(HD、仙台市)は14日、2017年9月中間連結決算を発表し、県内の地銀3行の業績が出そろった。日銀のマイナス金利政策導入から約1年半が過ぎ、低金利が常態化する中で、3行とも最終減益となった。

 一方、本業のもうけを示すコア業務純益は、本店建て替えに伴う一時的な経費増などがあった荘内を除く2行が増加。荘内も経常利益は前年同期を上回った。各行とも低金利時代に適応した銀行経営を模索しており、決算会見で各頭取は再編について否定的な考えを示した上で、今後の経営改善に向けた方策を語った。

 山形銀行の長谷川吉茂頭取は「次の長期経営計画では、金利が上がらないことを前提に収益構造を見直す」と説明する一方で、「人員を減らし、フィンテック(ITを活用した先進的な金融サービス)に代替することも考えなければならない」などと明かした。荘内銀行の上野雅史頭取も「筋肉質な体質をつくるため、経営効率化を図り、経費をできるだけ圧縮する。営業店体制の見直しを進め、機械でできる部分は代替する」と強調した。

 きらやか銀行の粟野学頭取は低金利の環境が「まだ続く」と見通した上で、「本業支援を継続し、自分たちの土俵をしっかりとつくっていきたい。地道な活動で地盤をつくることしか、今の環境を乗り切る方法はない」と語った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から