県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

秋季東北高校野球、きょう13日開幕

2017年10月13日 08:40
 第70回秋季東北地区高校野球大会は13日、福島県内で開幕する。県勢は酒田南、東海大山形、日大山形の3校が出場する。今大会の成績が来春の全国選抜大会出場選考の目安になる。

 大会は福島市の県営あづま球場と郡山市のヨーク開成山スタジアムで開催される。全国選抜大会は第90回記念大会に伴い、「一般」による東北出場枠は前回から1校増の3校。準決勝以上に進めば出場の可能性が高まる。本県は2005年を最後に一般枠での出場はなく、今回は例年以上の好機になる。

日大山形-打線の調子、勝敗を左右
 第3代表の日大は13日の1回戦から登場し、学法石川(福島第3)と戦う。県大会では近藤皓介と田中涼大の両左腕が粘投し、勝機をたぐり寄せた。一方でチーム打率は2割6分0厘と低調。3位決定戦では3番斎藤史弥が4打数4安打と復調の兆しが見えた。他の打者も含め、打線全体の調子が勝敗を左右しそうだ。

酒田南-左腕軸、中軸の長打期待
 第1代表の酒南は14日の2回戦で光南(福島第2)と顔を合わせる。左腕の阿部雄大が軸。県大会では自己最速の138キロをマークし、終盤の大事な場面で踏ん張りを見せた。打線は試合を経験するごとに調子が上向いた。4番伊藤海斗、5番池田昂平ら中軸の長打にも期待。早めにリードを奪い、阿部の負担を減らしたい。

東海大山形-2番手以降の投手陣が鍵
 第2代表の東海大は14日の2回戦で黒沢尻工(岩手第2)と対戦する。県大会では準決勝まで7得点以上を奪った。1番大竹廉、2番長瀬唯人の打率は4割超え。犠打を絡めた堅実な攻めもできるだけに、2人の出塁が鍵を握る。緩急で勝負する左腕の清野蓮がチームを支えるが、2番手以降の投手陣の奮闘が欠かせない。

【3校主将の決意】
がむしゃらさ持ち続ける
 酒田南・池田昂平主将 つなぐ意識を共有し、好機で打てるようになった。これまでより序盤から得点を重ね、投手陣を楽にさせたい。変に上を見ず、目の前の相手に集中し一戦必勝。県大会のようながむしゃらさを持ち続ける。

気持ちの面で負けない
 東海大山形・小長谷蓮主将 気持ちの面で負けないようにしないといけない。練習から緊張感を持って準備して、大会に臨みたい。強い相手に対して、点差を付けられたとしても諦めないでやることが大事だと思う。

初回から全開で向かう
 日大山形・斎藤史弥主将 (甲子園出場の)一つ上の学年と比べ個の強さはないが、仲が良く全員でつないで点を取れるのが自分たちの強み。優れた投手、打者が集まると思うが、初回からエンジン全開、輪になって向かいたい。

[特集]高校野球

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から