県内ニュース

山形国際ドキュメンタリー映画祭が開幕 本格上映は6日から

2017年10月05日 22:09
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017が開幕し、開会式で審査員らが紹介された=山形市中央公民館
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017が開幕し、開会式で審査員らが紹介された=山形市中央公民館
 山形国際ドキュメンタリー映画祭2017が5日、山形市で開幕し、国内外から映画監督や審査員、映画ファンらが集結した。12日までの期間中、最新のドキュメンタリー映画をはじめ、激動の世界を見つめた161本を取り上げる。本格上映は6日から。

 同市中央公民館で行われた開会式で、映画祭を運営する認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭の大久保義彦理事長は「世界中の皆さんに囲まれて素晴らしい映画の収穫祭が始まる。映画と人の交流の祭典を堪能してほしい」とあいさつ、佐藤孝弘山形市長が祝辞を述べた。

 式典に先立ち、山形交響楽団が、ドキュメンタリー映画の趣旨に合わせ、シベリウスら困難な時代を生き抜いた4作曲家の曲を披露した。式典終了後には故松本俊夫監督の3作品を上映した。

 メインのインターナショナル・コンペティション(コンペ)部門は121の国と地域から応募された1146本から厳選した15本、アジアの監督を発掘するアジア千波万波部門は63の国と地域から応募があった645本の中からノミネートされた21作品をそれぞれ上映する。この他、アフリカや東日本大震災に焦点を当てたプログラムなど、山形でしか見られない多彩な企画を予定している。コンペ部門はイグナシオ・アグエロさん(チリ)ら5人の国際審査員が大賞など各賞を決め、11日に表彰式が行われる。

 映画祭は山形市制施行100周年を記念して1989年に始まった。2年に1度の開催で今年で15回目を迎える。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から