県内ニュース

陛下の歌記す記念石碑が完成 鶴岡・鼠ケ関小で除幕式

2017年09月13日 14:17
記念石碑の完成を祝う児童たち=鶴岡市鼠ケ関小
記念石碑の完成を祝う児童たち=鶴岡市鼠ケ関小
 本県で昨年9月に開かれた全国豊かな海づくり大会で、天皇、皇后両陛下が鶴岡市鼠ケ関小(五十嵐芳昭校長、60人)に立ち寄られたことを後世に伝えようと、住民らが作った記念石碑と御製額の除幕式が12日、同校で行われた。関係者約100人が出席し、地域発展のシンボルとして大切にすることを誓った。

 大会では、同校児童が「森・川・海づくり」をテーマに発表し、同校が行幸啓の休憩所として利用された。石碑の建立は、校外活動などを支援する地元のみちくさ会が中心になり実行委員会(佐藤正明会長)を組織し、準備してきた。

 石碑は高さ1.5メートル、幅2メートルで「天皇陛下 皇后陛下 御来校記念碑」と刻まれている。御製額は縦85センチ、横1.8メートルで温海町森林組合(本間文夫組合長)が寄贈した。同大会で両陛下が使用した放流台を加工し、天皇陛下が詠まれた歌「鼠ケ関の港に集(つど)ふ漁船(いさりぶね)海人(あま)びと手を振り船は過ぎ行く」を記した。

 除幕式で佐藤会長が「多くの皆さんの協力で、鼠ケ関小に新たな誇りが加わった。今後も鼠ケ関小をもり立てていく」とあいさつした。榎本政規鶴岡市長や加藤忍市教育長、児童代表らが除幕し完成を祝った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から