県内ニュース

ポテチでも芋煮を味わおう カルビー、9月から限定販売

2017年08月24日 11:13
カルビーが芋煮をモチーフに開発した「ポテトチップス山形芋煮味」
カルビーが芋煮をモチーフに開発した「ポテトチップス山形芋煮味」
 47都道府県ならではの味を再現したポテトチップスを開発しているカルビーは23日、本県の芋煮を取り入れた「山形芋煮味」を9月18日から限定販売すると発表した。内陸風のしょうゆ味を再現しており、同社は「牛肉と野菜のうま味が味わい深いポテトチップスに仕上がった」。同社の伊藤秀二社長が同日、県庁を訪れ、吉村美栄子知事に商品を紹介した。

 「●JPN(ラブジャパン」企画の一環で、県職員とのワークショップを通して味やデザインを決定。同社は2013年にも芋煮味を販売しているが、今回は肉のうま味をより強調し、濃いめの味付けとした。パッケージには花笠のデザインをあしらった。

 同社は第1弾として本県など17道府県で開発。芋煮味の販売エリアは東北と関東、甲信越の16都県で9月18日からコンビニエンスストア、10月2日からそれ以外で売り出す。55グラム入りで想定価格は120円前後。

 同社が福島市と昨年5月に共同開発した「いかにんじん味」は、郷土料理を題材にしたことで普段ポテトチップスを食べない層のニーズを掘り起こし、異例のヒット商品となった実績がある。伊藤社長は「地元の食文化を取り入れた商品。地域活性化に役立てると期待している」と語った。

●はハート

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から