県内ニュース

親子3代、脈々警察犬 酒田・訓練士の阿部さん「犬に教え、教えられ」

2017年08月21日 08:10
右から初代のオルシナ号、2代目のヨハンナ号、3代目のオルティス号と訓練士の阿部良一さん=酒田市・最上川河川敷
右から初代のオルシナ号、2代目のヨハンナ号、3代目のオルティス号と訓練士の阿部良一さん=酒田市・最上川河川敷
 本県の嘱託警察犬に親子3代続く雌のシェパードがいる。いずれも酒田市浜中の訓練施設モガミリバー犬舎で育ったオルシナ号(10歳)、ヨハンナ号(8歳)、オルティス号(2歳)。おばあちゃんのオルシナ号は県警から感謝状を2回もらった実力犬だ。施設を運営する訓練士阿部良一さん(61)が、オルシナ号と出会ってから10年。「犬に教えられてここまで来た」と3頭をなでながら目を細めた。

 3頭はにおいなどを手掛かりに行方不明者を捜す足跡追及が主な任務。毎朝行う最上川河川敷での訓練では、阿部さんが無作為に歩いた道をたどらせ、上手にできたらご褒美にボール遊びをさせる。「警察犬に重要なのは欲の強さ」と阿部さん。ここぞというときの集中力が現場ではものをいう。

 オルシナ号が初めて鶴岡署から感謝状を受けたのは2013年8月。午前0時ごろ、友人と飲食していた鶴岡市内の20代男性が外に出たまま行方不明になった。オルシナ号と阿部さんは同2時45分ごろに捜索を開始。約5分後、近くの民家の軒下でぎっくり腰で動けなくなっている男性を見つけた。「人の命を助けて、少しでも社会に貢献したい」。その思いが強いからこそ深夜でも早朝でも出動する。

 阿部さんは元大工で、30歳の頃に転身した。以来、指導歴30年で今年4月には日本警察犬協会が認定する1等訓練士正に昇格。東北で2人目の栄誉だ。犬が好きだったが幼少期は家の事情で飼えなかった。大工として一人前になって、初めて飼ったのがシェパード。独学で足跡追及の練習を繰り返し教え込んだところ競技会で好成績を収め、警察犬になった。犬を知るために猛勉強し、実績を積み重ねてきた。

 オルシナ号は07年に阿部さんが親の優秀さを見込み、新潟県から連れてきた。娘ヨハンナ号は高齢者や少年の不明事案で活躍している。孫オルティス号の現場デビューはこれから。オルシナ号の娘ミラが産んだ孫3頭も現在訓練中だ。「一つ一つできなかったことができるようになるのが喜び」という阿部さん。深い愛情で育ててきた警察犬の血は、脈々と受け継がれている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から