県内ニュース

アジア千波万波部門、上映21作品を発表 山形国際ドキュメンタリー映画祭

2017年07月28日 11:39
「ノカス」の一場面
「ノカス」の一場面
 認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭(大久保義彦理事長)は27日、10月5~12日に山形市で開催する映画祭のプログラムのうち、アジア在住、出身の新進作家を対象とした「アジア千波万波」部門の上映作品21本を発表した。6分の作品を含む30分以下の短編が6本選ばれ、事務局は「いわゆる記録映画の枠組みから飛躍し、より自由に製作する作家の姿がうかがえる」と分析する。

 注目の一つが東南アジア作品。事務局は東ティモール出身の監督が西ティモールで撮影した「ノカス」や、米国ロサンゼルスで不法移民の状態で製作したフィリピン出身のミコ・レベレザ監督の「ドロガ!」などを挙げ、「見比べると面白い」とした。

 日本人では田代陽子監督の「風のたより」と山城知佳子監督の「創造の発端―アブダクション/子供―」「肉屋の女」が選ばれた。田代監督の「風のたより」は東日本大震災後、原発への不安を抱きながら生活する北海道と青森の人々を追った。山城監督の「肉屋の女」は架空の物語を交え、沖縄の現実をあぶり出す。

 同部門には63の国と地域から645本の応募があった。応募は過去最多だった前回より33本減った。21本の中から審査員が最高賞の小川紳介賞などを選ぶ。

 上映作品は次の通り。(かっこ内は監督名=製作国、地域)

 「自画像:47KMに生まれて」(章梦奇=中国)▽「長江の眺め」(徐辛=中国)▽「カーロ・ミオ・ベン(愛しき人よ)」(蘇青、陳米娜=中国、シンガポール)▽「乱世備忘―僕らの雨傘運動」(陳梓桓=香港)▽「あまねき調べ」(アヌシュカ・ミーナークシ、イーシュワル・シュリクマール=インド)▽「ノカス」(マヌエル・アルベルト・マイア=インドネシア)▽「夜明けの夢」(メヘルダート・オスコウイ=イラン)▽「風のたより」(田代陽子=日本)▽「創造の発端―アブダクション/子供―」(山城知佳子=日本)▽「肉屋の女」(山城知佳子=日本)▽「バムソム海賊団、ソウル・インフェルノ」(チョン・ユンソク=韓国)▽「ウラーッ!」(チョン・ジェフン=韓国)▽「人として暮らす」(ソン・ユニョク=韓国)▽「このささいな父の存在」(サリーム・ムラード=レバノン)▽「くるまれた鋼」(ローレンス・アブ・ハムダン=レバノン、ドイツ)▽「そこにとどまる人々」(エリアーン・ラヘブ=レバノン、アラブ首長国連邦)▽「猫、犬、動物、そしてサシミのこと」(ペリー・ディゾン=フィリピン)▽「ドロガ!」(ミコ・レベレザ=米国、フィリピン)▽「ディスインテグレーション 93―96」(ミコ・レベレザ=米国、フィリピン)▽「翡翠之城」(趙徳胤=台湾、ミャンマー)▽「中国街の思い出」(陳君典=台湾)

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から