県内ニュース

「火の見櫓」に新キャラ登場 鶴岡・庄内観光物産館

2017年07月17日 11:56
関係者が除幕し、火の見櫓のリニューアルを祝った=鶴岡市・庄内観光物産館
関係者が除幕し、火の見櫓のリニューアルを祝った=鶴岡市・庄内観光物産館
 庄交コーポレーション(鶴岡市、国井英夫社長)が同市布目で運営する庄内観光物産館(五十嵐紳代表)のシンボル「火の見櫓(やぐら)」が一部リニューアルされ、16日、除幕セレモニーが行われた。櫓に取り付けてあった人形「ねずみ小僧」が、庄交グループのオリジナルキャラクター「クラ田(た)せんぱい・タコ井(い)せんぱい」に代わり、新たなシンボルとして生まれ変わった。

 「クラ田せんぱい・タコ井せんぱい」は、鶴岡市を代表する観光スポット・加茂水族館のクラゲと、大阪をイメージするたこ焼きをモチーフにしたキャラクター。庄交グループの庄内交通(同市)が今年4月に庄内と関西圏を結ぶ夜行高速バスの運行を始めたことを記念し、1993年の物産館オープン以来親しまれてきた「ねずみ小僧」から交代した。

 セレモニーでは国井社長と来館者など計9人が除幕し、「クラ田せんぱい・タコ井せんぱい」の人形がはしごを上り下りすると、観光客から拍手が送られた。同市藤島地域の女性太鼓グループ・鼓粋(こいき)は威勢のいい演奏で式典を盛り上げた。火の見櫓は高さ約18メートルで、物産館隣の国道7号沿いに建っている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から