県内ニュース

【モンテ】汰木一撃、勝ち拾う 東京Vに1-0

2017年04月16日 11:21
〈山形―東京V〉後半22分、山形のMF汰木康也(右)がシュートを決めて1―0とし、雄たけびを上げ駆ける=天童市・NDソフトスタジアム山形
〈山形―東京V〉後半22分、山形のMF汰木康也(右)がシュートを決めて1―0とし、雄たけびを上げ駆ける=天童市・NDソフトスタジアム山形
 サッカーJ2は第8節の15日、各地で9試合を行った。モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で東京Vと対戦し、1―0で競り勝った。今季初の2連勝。通算成績は3勝4分け1敗で、勝ち点は13。順位は前節と変わらず10位。

 山形は前半、相手に主導権を握られ、決定機もつくられたが無失点で後半へ。同22分、自陣からボールをつないで攻め込み、右クロスに合わせてMF瀬沼優司がヘディングシュート。こぼれ球を拾ったMF汰木(ゆるき)康也が左足でゴールを決め、決勝点となった。終盤には相手のパワープレーを受けたが、何とかしのいだ。

 山形は第9節、岡山市のシティライトスタジアムで岡山と対戦する。

 【評】山形がわずかな好機を生かして薄氷の勝利。前半はテンポ良くボールをつなげず守勢に回った。ミスが減った後半は敵陣に進入する回数が増え、カウンターからMF汰木がゴールを奪った。放ったシュートは8、浴びたシュートは17。東京Vの精度不足にも助けられた。

【青炎】東京V戦、ミス連発も後半に修正
 雨中決戦でサッカーの難しさが際立った。得点、そして勝つチャンスは間違いなく東京Vの方が多かったが、少ない決定機をものにした山形が最後に笑った。「長いシーズン、こういう試合もある」。主将のMF本田拓也は、前半の内容の悪さを後半まで引きずらなかったことをポイントに挙げ、胸をなで下ろした。

 ボールの展開でミスが出、パスを受ける動きやサポートも少なかった前半。木山隆之(たかし)監督は内容について「駄目、駄目、駄目…」と繰り返し「0点に近い。フットボールをする意志がないように見えた」と、珍しく酷評した。一方、「いつもより速いボールスピードに戸惑ったのかもしれない」とも。普段の練習場とは違い、雨でぬれたピッチはボールが転がりやすかった。MF瀬沼優司は「(よく転がる方が)やりやすいはずだが、染み付いた感覚との違いに慣れるのに時間がかかった」と話す。前半は10本以上のシュートを打たれ、大きな見せ場なく折り返した。

 後半は個々のプレーの正確さが戻り、ボールを奪ってからも連動した展開が増えた。「(前半とは)違うチームになれた」と本田。得点シーンは、自陣からのカウンターでテンポ良くつなぎ、右サイドに開いたFW阪野豊史のクロスから瀬沼がシュート。こぼれ球をMF汰木(ゆるき)康也が拾い、ゴールネットを揺らした。

 これまで決定機を決めきれずにいた汰木にとって、待望の今季初ゴール。「形はきれいじゃないかもしれないけど、超ほっとしてます」。プレーの幅を広げようと取り組んできたゴール前に顔を出す動きが結果につながり、自信を得たようだ。

 前節に続き、ホームスタジアムにはサポーターの勝利の歌が響いた。一方で指揮官は「勝って良かったでは済まない」と厳しい表情を見せた。後半もGK児玉剛が痛恨のクリアミスから決定的なピンチを招き、サイドから突破されてゴールポストに助けられるシーンもあった。「危機感を持ってやっていく」とDF高木利弥。チームとして一層の成熟が必要なことを痛感させられた試合だった。

もっと質を上げないと
 木山隆之(たかし)監督の話 前半は駄目なことしかなかった。前半で試合を決められてもおかしくないくらいミスをした。足元を見詰めて取り組んでいく。なかなかうまくいかない中で勝ち点を取れたのは悪くないことだが、もっと質を上げないといけない。

モンテ選手ひと言
 ▽MF汰木(ゆるき)康也(今季初得点) シュートは(防ごうとする)GKやDFが見えたのでなるべく浮かそうと思った。厳しい戦いだったがDF陣が守ってくれた。次戦に向けていい準備をしていきたい。

 ▽MF瀬沼優司(汰木のゴールにつながるヘディングシュート) 勝負どころで前に行き、ピンチで戻ることもできた。得点シーンのような攻めをもっと多くしていかないと。

 ▽DF高木利弥 前半はボールが回らず自分たちの形にならなかった。ハーフタイムでは監督から「やってきたことを一からやり直せ」と指示を受けた。

 ▽MF本田拓也 前半は個人的にもプレーが良くなかった。後半のようにしっかりとつなげば相手もボールを取れない。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から