山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼川=先週の増水と濁りが落ち着き、月光川と日向川の上流でヤマメとイワナがフライ釣りで楽しめる。最上川河口では60~70センチのスズキがルアー釣りで狙える。
 ▽▼海=庄内沿岸の砂浜では20センチ超を含む型のいいキスがアオイソメやジャリメなど餌釣りで釣れる。酒田港内の岸壁で10センチ前後のマイワシやサバ。鶴岡沿岸の各漁港ではマイワシが引き続き好調。
 ▽▼船=酒田沖で15~30センチのアジが1人約50匹と大漁で、昼夜ともに楽しめる。いずれも40~70センチのマダイが1人5~10匹、ヒラメが1船5匹ほどの釣果。ヒラメは夜釣りがお薦めで、まれに7~8キロのブリが掛かることもある。鶴岡沖ではクロダイ。釣果は0~3匹とまばらだが、大物の情報もある。

【最上】

 ▽▼アユ=最上小国川は舟形町舟形や最上町大堀、瀬見などで好調。12~20センチが20~50匹。鮭川、真室川、金山川は15~18センチが20~30匹。石あかの付きは良い。
 ▽▼ヤマメ=新庄市の新田川上流で18~25センチが10匹ほど。餌はミミズ、ブドウムシ。

【内陸】

 ▽▼アユ=大江町の月布川で最大18センチが15匹ほど釣れる。天然遡上(そじょう)が多く、釣果が期待できそう。寒河江川は全体的に水温が低く、気温の上昇を待ちたい。
 ▽▼イワナ・ヤマメ=10日に最上川第一漁協が朝日町の朝日川に25センチ前後を約240キロ放流した。ルアー釣りで多ければ30匹ほど釣れる。大江町の神通峡は渇水状態が続いており、釣果は期待できない。
 ▽▼ヘラブナ=天童市の原崎沼は20~25センチが多くて30匹程度、東根市のえびづる沼は約20センチが5匹ほど釣れる。餌は両ダンゴで。山形市の沼の辺、上山市の前川ダムでは30センチ前後がセット釣りなどで狙えるが、天候がいまひとつで釣果は振るわない。
 ▽▼コイ=寒河江市の村山橋付近の最上川は食いが悪い。これからの季節は夜釣りがお薦め。

【置賜】

 ▽▼アユ=米沢市内は水温が低く、例年に比べて成長が遅い。飯豊町の各河川は水温が低く、釣果は乏しい。
 ▽▼イワナ・ヤマメ=米沢市の各河川の増水は落ち着いてきたが、水温が低いため反応が鈍く、イワナが2、3匹釣れる程度。しばらくは天候の見極めが必要。飯豊町は、置賜白川本流の岩倉から岳谷方面で、フライで5~7匹程度。大きいもので28センチ。小国町のイワナは川が濁ったときが狙い目。横川の上流や河原角の河川、荒川の支流の金目川がポイントで、5~10匹の釣果がある。
 ▽▼ヘラブナ=高畠町の蛭沢湖は産卵後でやや食いが渋い。25センチほどが20匹弱。バラケととろろのセットが釣りやすい。
2019年7月12日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から