楽しく~レッツ短歌

楽しく~レッツ短歌
楽しく~レッツ短歌

(2)よく見る 日常の風景観察して

2017年04月15日
 日ごろの基礎訓練として、スポーツ選手は筋力トレーニングをし、画家はデッサンを重ね、歌手は発声練習をします。では、短歌を作るための基礎訓練はなんでしょう。それはたぶん、〈よく見る〉ことです。

 絵や写真を見て、鳩(はと)と雀(すずめ)の区別がつかない人はいないでしょう。しかし、つい先ほど駅のホームを歩いていた鳩のくちばしの色や、庭で見たばかりの雀の動き、となると意外に答えられない。今朝の空にはどんな雲が出ていて、夕方の街路樹の桜の幹はどんなふうに見えたか、なんてもっと答えられないでしょう。見ているようで案外見ていないのです。わたしたちが体験的に記憶・認識している自然や物の姿と、いまそこにある自然や物の姿とは常にどこかが違う。だからこそ、出会いがあり発見があるのです。

靴紐(ひも)のすぐにほどける子とあゆむ桜の花の貼りついた道
吉川宏志

 よく見ることは、よく感じ、より深く表現することにつながるはずです。

【若手記者がチャレンジ】
 山形新聞の若手記者の方々が作った短歌を、毎回添削します。今回の題は「窓」。

歯を磨き窓から街を見る朝を重ねてここになじんできたり(30代女)
 ▼添削例
歯磨きの窓から街を見る朝を重ねてここになじんできたり
 自然体の生活実感が、とてもよく表現されていますね。原作では、歯を磨きながら街を見たのか、歯を磨いてそれから街を見たのか、やや曖昧ですので、そこを添削してみました。

夜行バス手を振る母は窓の外聞こえなくても「行ってきます」(20代男)
 ▼添削例
夜行バスの窓へ手を振る母に言う聞こえなくても「行ってきます」と
 少し照れたような母への愛情表現がいかにも息子らしい、心に残る作品です。表現がぷつぷつ切れてしまうところが少し残念。せっかくの歌の情感を、より生かすリズムを工夫しましょう。

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から