東日本大震災

古里の再生へささげる祈り 東日本大震災発生から8年

2019年03月12日
新築された閖上(ゆりあげ)小中学校にキャンドルで追悼の文字が描かれ、復興への思いを共有した=11日午後5時51分、宮城県名取市
新築された閖上(ゆりあげ)小中学校にキャンドルで追悼の文字が描かれ、復興への思いを共有した=11日午後5時51分、宮城県名取市
 多くの尊い命が失われた東日本大震災の発生から11日で8年。風雨が強まる中、被災地には多くの人が慰霊に訪れ、深い祈りをささげた。どんなに時が流れても大切な人を亡くした悲しみは癒えず、手を合わせる人の目に涙があふれた。それでも前を向き、精いっぱい生きて犠牲者の思いを受け継ぎ、古里を再生させると誓った。

関連写真

  • 「被災地に少しでも心を寄せて支え合っていきたい」。米沢市から訪れた女性3人が鎮魂の場・日和山で手を合わせた=11日午前9時56分、宮城県名取市閖上
  • 荒浜の海を見詰める女性の目に涙があふれた。津波で亡くなった同級生を思い「ただただ生きていてほしかった」と声を詰まらせた=11日午後2時51分、仙台市若林区
  • 「被災者の力になりたい」と復興住宅の清掃活動に取り組む村山市楯岡中の生徒たち=9日午前11時18分、宮城県石巻市
  • 新たに整備された「まちなか広場」で行われたイルミネーションイベント。復興への思いが込もった明かりが母子を優しく照らした=9日午後6時44分、岩手県陸前高田市
  • 請戸(うけど)地区の霊園で目を閉じて歌うシンガー・ソングライター門馬よし彦さん(39)。大津波で家が流され多くの友人を失った。悲しみと復興への思いを歌に託して伝え続ける=10日、福島県浪江町

東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から