東日本大震災

避難者、住宅支援延長を要望 米沢・知事と意見交換会

2016年01月21日
避難者7人が吉村美栄子知事に思いを伝えた意見交換会=米沢市役所
避難者7人が吉村美栄子知事に思いを伝えた意見交換会=米沢市役所
 東日本大震災や原発事故の影響で県内に避難している人たちと吉村美栄子知事との意見交換会が20日、米沢市役所で開かれた。福島県が原発事故に伴う避難指示区域外からの「自主避難者」への借り上げ住宅の無償提供を2017年3月で打ち切ることに関し、先行きへの不安を訴え、支援延長を求める声が相次いだ。

 福島、宮城両県から置賜地方に身を寄せる30~50代の7人が出席。吉村知事のほか、中川勝米沢市長、福島県の支援担当者らが臨み、避難者の意向で非公開で行われた。

 県復興・避難者支援室によると、借り上げ住宅に関しては「原発の廃炉は30~40年とされ、放射能の心配は消えない。支援が6年程度で終わるのはおかしい」「県内定住を考えているが、経済的に不安だ」といった発言があったという。

 南相馬市から米沢市に身を寄せ、同市避難者支援センター「おいで」の事務長を務める上野寛さん(51)も出席し、終了後、「福島県が打ち出した帰還者らに対する独自支援は、自主避難者にとって不公平感がある。支援がどうあるべきか提案したい」と語った。

 吉村知事は「声をしっかり政府に伝える。定住希望者に対しては新年度予算で何ができるか検討し、市町村と連携して取り組む。一人一人の気持ちを大事に対応したい」と述べた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から