東日本大震災

震災で崩落の登り窯、復活の火入れ式 白鷹・再建に区切り、「次」へ一丸

2015年03月23日
復活した登り窯にまきをくべる金田利之さん(右)=白鷹町・深山工房
復活した登り窯にまきをくべる金田利之さん(右)=白鷹町・深山工房
 東日本大震災で崩れた白鷹町深山地区にある「深山工房」の登り窯が復活し23日、町関係者らを集め火入れ式が行われた。4年をかけた住民ら手造りによる再建は一つの区切りとなり、深山焼の陶芸家金田利之さん(48)=高玉=は「第2章の始まりにしたい」と誓った。

 登り窯は2011年4月の最大余震で崩落。13年から町の協力を得て「復活プロジェクト」を進めてきた。延べ650人のボランティアも協力。窯を覆う屋根を建て直したほか、益子焼(栃木)の窯師による設計を基に約5千個の耐火れんがを組み直した。

 復活した登り窯は、傾斜地を利用した長さ約6メートル、幅約2メートル。5日間ほど燃やし続ける窯で、灯油窯に比べ深い色合いになるのが特徴という。

 火入れ式には約25人が出席。参加したボランティアらの作品を含め約500点を窯に入れ、佐藤誠七町長が入り口の木に着火した。金田さんは「火入れにこぎ着けほっとしている」と時折声を詰まらせた。

 窯は深山焼の再興を目指し陶芸家の故梅村正芳さんが1983(昭和58)年に築き、没後に弟子の金田さんが継承した。

 4月下旬から初窯展と復活までの経過を紹介するパネル展を同工房で開く。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から