東日本大震災

東日本大震災から4年、県内で追悼行事

2015年03月12日
 あの日から4年、県内は鎮魂の思いに包まれた。東日本大震災の追悼行事が各所で開かれ、津波などで命を落とした人たちに思いをはせ、キャンドルのともしびや鐘の音、フルートの調べが響き渡る中、「決して風化させない」と参加者。早期復興に向けて気持ちを新たにする一方、県警は震災を教訓に各署で大規模訓練を行った。

酒田市
 「4年目のキャンドルナイト」が、酒田市中町2丁目の「チャレンジショップふれっしゅ」で行われ、キャンドルで「きぼう」の文字が浮かび上がった。強風の影響で会場を屋内に変更。主催する生涯学習施設「里仁館」の職員や東北公益文科大生が紙コップに「がんばろう東北」「絆」などと書いて作ったキャンドルを並べ、被災地に思いをはせた。訪れた市民らは黙とうの後、酒田マリーンジュニア合唱団と共に「花は咲く」を歌った。連動して鶴岡市内でも開催された。

鶴岡市
 鶴岡市の出羽三山神社で災害復興復旧祈願祭と犠牲者慰霊祭が行われた。

 同神社の氏子や市民らが参列し、震災発生時刻に合わせて全員が黙とう。被災地の復興を願う祝詞と、犠牲者の冥福を祈る祭詞がそれぞれ読み上げられ、参列者が玉串をささげた。仙台市太白区、主婦千葉保子さん(57)は「震災で家族を亡くした友人に、早く元気になってほしいとの願いを込めた」と話した。

山形市
 山形市役所東側の千年和鐘前では、地震発生時刻に合わせて追悼・復興祈願式が行われ、市民ら約180人が参列して犠牲者の冥福を祈った。

 午後2時46分に市川昭男市長が鎮魂の鐘の音を響かせ、全員で黙とう。市川市長は「震災を風化させず、避難者をしっかり支援する」と述べ、吉村美栄子知事、加藤賢一市議会議長のあいさつに続いて参列者一人一人が鐘を突いた。

長井市
 3月11日を「いのちの日」と定めている長井市豊田小(渡部恭子校長、164人)では全校児童が集会や授業で命の尊さや防災について考えた。

 渡部校長が「絶対に命を粗末にせず、当たり前に生活できることに感謝しよう」と呼び掛け、全員で黙とう。米沢市出身のフルート奏者鈴木芽玖(めぐ)さん(24)=東京都=の演奏を聴き、「震災避難者の前で演奏したら喜ばれ、音楽には人の心を動かす力があると感じた」といった体験談に耳を傾けた。この後、仮設住宅の生活、防災、生きる意味などがテーマの授業を各クラスで開いた。

キャンドルで「きぼう」の形を浮かび上がらせ、被災地へ思いをはせた=酒田市
キャンドルで「きぼう」の形を浮かび上がらせ、被災地へ思いをはせた=酒田市


震災発生時刻に合わせ、参列者が黙とうした=鶴岡市・出羽三山神社三神合祭殿
震災発生時刻に合わせ、参列者が黙とうした=鶴岡市・出羽三山神社三神合祭殿


追悼と復興への思いを込めて鐘を突く参列者=山形市役所東側
追悼と復興への思いを込めて鐘を突く参列者=山形市役所東側


4年生は授業で命の大切さについて意見を交わした=長井市豊田小
4年生は授業で命の大切さについて意見を交わした=長井市豊田小
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から