東日本大震災

【モンテ】復興支援のサッカー教室 岩手の児童、笑顔でプレー

2013年09月23日
ミニゲームで、MF宮阪政樹選手と触れ合う子どもたち=天童市・県総合運動公園第3運動広場
ミニゲームで、MF宮阪政樹選手と触れ合う子どもたち=天童市・県総合運動公園第3運動広場
 東日本大震災の復興支援活動として、サッカーJ2・モンテディオ山形の選手会(代表・石井秀典選手)は22日、天童市の県総合運動公園第3運動広場で、子どもたち対象のサッカー教室を開催。ミニゲームなどを通じてサッカーの楽しさを教えた。

 同選手会が初めて企画し、29日のホーム北九州戦でも行う。石井選手は「復興はまだまだ進んでいないのが現状。自分たちはサッカーを通じて元気と勇気を与えたい」と話す。

 この日は岩手県陸前高田、大船渡の両市から小学生15人を招待。前山形ヘッドコーチで日本サッカー協会復興支援特任コーチの手倉森浩さんを講師に迎え、MF宮阪政樹ら6選手も指導した。手倉森さんはパス練習で「ボール保持者のパスの選択肢を増やすため、すぐにサポートに入ることを常に意識して」などとアドバイス。ミニゲームでは選手と触れ合いながらボールを追い掛けた。

 陸前高田市の高田小6年平野裕典君(12)は「選手たちの1対1でのフェイントがうまかった。とても楽しかった」。終了後、子どもたちは文房具などのグッズをもらい、ホーム福岡戦を芝かぶり席で観戦した。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から