東日本大震災

再生願う人々の姿を世界に発信 芸工大生ら被災地で映画制作

2012年04月22日
ドキュメンタリー映画の制作に取り組む東北芸術工科大生ら(右)。震災時の体験や未来への希望などさまざまな声をカメラに収めた=宮城県山元町
ドキュメンタリー映画の制作に取り組む東北芸術工科大生ら(右)。震災時の体験や未来への希望などさまざまな声をカメラに収めた=宮城県山元町
 東北芸術工科大(山形市)の学生がフランスのアーティストと共に、東日本大震災の被災地・宮城県山元町でドキュメンタリー映画を制作している。21日には、津波で荒廃した大地に食卓を並べ、町民に震災時の記憶や未来への希望を語ってもらうワークショップ「ランチタイム」を開催、復興に向け懸命に歩み出した被災地の人々の姿をカメラに収めた。

 アートを通した復興活動を展開している東北芸工大の東北復興支援機構(TRSO)が企画した。古里の再生を願う被災地の人々の姿を記録し、世界に発信しようというプロジェクトで、パリ在住のジャンリュック・ビルムートさん(60)と西村麻美さん(30)を監督に迎えた。

 現地での撮影は今月13日にスタート。ランチタイムは今回のプロジェクトで最も重要なシーンで、津波で打撃を受け荒野となったかつてのイチゴ畑を会場に選んだ。町民約30人、学生約15人が参加した。

 町民たちは切り干し大根や豚汁、煮付けなど昔ながらの地元料理を味わいながら2時間にわたって懇談。「津波で流された人から『助けて』と言われたが、どうすることもできなかった」「震災時の夜空にはたくさんの星が輝いていた。異様な美しさだった」など当時を振り返りながら、「いつまでもここに住みたい」と未来への希望を語った。

 沿岸部の松林や堤防は津波で破壊され、近くには今もなお、がれきの山が点在する。スタッフの宿泊先を提供した普門寺の坂野文俊住職(49)は「自分たちはあの日のことを決して忘れてはいけない。被災地の生の声を全世界に届けてほしい」と作品に期待を寄せる。

 完成作品は山形国際ドキュメンタリー映画祭などに出品する予定。音声を担当した映像学科4年の岡達也さん(22)は「人間の素の姿が見えるのがドキュメンタリーの面白さ。被災地の現状を知ってもらえたら」。学生たちに撮影アングルなどを指導したビルムート監督は「大震災を経験し大きなトラウマを抱えながらも、前向きに生きている人々の姿を世界に伝えたい」と話していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から