東日本大震災

震災1年-やまがたの避難者[5・完] 高齢者の本心

2012年03月16日
浪江町から避難している高橋ヒテさん(中央)。古里で過ごした日々を懐かしむ=米沢市
浪江町から避難している高橋ヒテさん(中央)。古里で過ごした日々を懐かしむ=米沢市
 「生まれてからずっと浪江だったから、こんな景色見たことない。この年になって、珍しいものが見られて幸せ」

 福島県浪江町から米沢市に避難している高橋ヒテさん(93)はそう言って、窓の外を眺めた。真っ白な雪に埋まった田んぼが遠くまで広がっている。予期せず強いられた異郷での暮らし。自然に受け入れているように装うが、本心は自作の和歌に表れる。「めがさめし開けたる窓に風うけてもう観(み)あきたとつんとため息」

 親戚を頼り、長男の高橋昭太郎さん(68)、陽子さん(67)夫婦と共に市内でも山際の関根地区に避難した。冬になってからはほとんど1日中、部屋の中で過ごしている。

 友とお茶飲みした日々を思い出す。民謡、習字など好きなことを楽しんで暮らしていた。90年余りを過ごした古里は大津波に遭い、福島第1原発事故で警戒区域になった。

 春が来たら、陽子さんと福島市に移り、避難生活で弱った足腰のリハビリをする。同市には浪江町から避難している友がいる。古里の話をするヒテさんの表情は明るい。

 「帰りたいです。だけんちょも、諦めました」とヒテさん。隣で昭太郎さんが目を伏せる。「聞かれるんだ。『死んだらどこに埋まんだ』って」

 政府は今月末にも避難指示区域を見直す方針だが、引き続き避難を求める区域も設けられる。山形新聞の避難者アンケートでは、古里に戻る条件で最も多いのが「放射線量の低減」で39%。「避難指示の解除」は4%とわずかだ。「孫が帰れない町に帰っても仕方ない」と昭太郎さん。ただ、あとどれだけの時間をどこで生きるのか考えてしまうという。

 「米沢に戻ってくるとはな」。米沢市の特別養護老人ホーム「万世園」で中俣新次郎さん(75)=福島県南相馬市=が笑う。米沢市出身。南相馬市に嫁いだ長女大塚夕美子さん(41)家族と余生を過ごそうと、4年余り前に家を引き払い、古里を出た。

 昨年3月11日。特養施設から帰宅したその時に大地震が発生。中俣さんは送迎バスで施設に戻った。同15日、屋内退避指示発令。市内の物流が止まり、施設は横浜市へ集団避難した。

 間借りした施設では十分な介護ができず、横浜市から福島市、新庄市と移動を余儀なくされた。再び家族に会えたのは4月上旬。中俣さんは鮭川村にいた。寝たきりで過ごしたためか、足腰は衰えた。今は車椅子で生活している。

 「南相馬の家で家族一緒に過ごしてえな」とおどけて話し、娘の顔をのぞく中俣さん。大塚さんは困った顔をする。小中学生の子どもがいる。放射線が気になる。返答に詰まる娘を見て、中俣さんが続ける。「孫のこと考えたら帰れないな」

(この企画は報道部・鈴木悟、米沢支社・三浦光晴が執筆しました)
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から