東日本大震災

がれき撤去活動を展開、延べ800人超が参加 鶴岡市ボランティアセンター

2012年01月08日
 鶴岡市ボランティアセンターは東日本大震災の発生を受け、市民らの参加を募ってさまざまなボランティア活動を展開している。被災地でがれき撤去などを行う「かたづけ人」の活動には、昨年10月末までで延べ800人以上が参加。ほかにも現地でのイベント開催をサポートするなど、さまざまな支援に取り組んでいる。同センターは「ボランティアの力を被災地のために発揮できるよう、さらに体制を整えていきたい」としている。

 かたづけ人は4月10日から10月末まで、週末を利用して計24回活動を行った。市民らの参加を受け付け宮城県の石巻市や南三陸町などにマイクロバスを運行。がれきの撤去や泥出しなどの活動に取り組んだ。参加した市民は延べ813人を数えた。

 ほぼ毎週の活動となったことで、現地の人から声を掛けてもらったり、住民と一緒に活動することもあったという。参加者からは「誰かのために汗を流せて良かった」との感想や、「継続的に活動していく大切さが分かった」といった声が聞かれ、多くの人が「また参加したい」と希望しているという。同センターは「実際に被災地の現状を自分の目で見たことで、継続することの大切さに気づいたのでは」と分析する。

 かたづけ人の活動は、冬場に道路状況が悪化することや、被災地で仮設住宅への入居が進んだことなどから10月末でいったん休止としたが、今後は花見や夏祭りといったイベント運営に協力していく方針。かたづけ人は来春以降、現地の状況をみながら再開を検討するという。

 震災後、同センターにボランティア登録した人は約500人。同センターは今後、登録者への連絡体制を整えるなど、活動継続に向けて運営面の改善も図っていく意向で、「来年以降もずっと支援は続けていく。より多くの人に参加してもらえたら」と期待している。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から