東日本大震災

多賀城市で芋煮など炊き出し 南陽臨雲RC

2011年09月22日
 南陽市の南陽臨雲ロータリークラブ(歌丸眞会長、30人)は、東日本大震災の被災地・宮城県多賀城市の避難所で炊き出しのボランティア活動を行い、米沢牛を使った本県名物の熱々の芋煮などを被災者に振る舞った。

 同クラブは運営方針の一つに震災復興支援を掲げ活動。6月の多賀城市山王公民館に続き2回目となる炊き出しは今月13日、同市総合体育館で行った。歌丸会長、伊藤吉美実行委員長らメンバーが里芋12キロ、米沢牛7キロ、こんにゃく10枚、大鍋などを準備。現地で芋煮鍋を調理し山菜おこわと一緒に昼食として提供した。デザートに南陽産ブドウのピオーネも付けた。

 震災から半年。同体育館では今も約100人が避難生活を送り、普段の朝夕食は弁当、昼食は1人にパン2個という。宮城県の芋煮は豚肉、みそ仕立てが主流とあって、炊き出しでは本県内陸風の味覚が珍しがられたほか、温かい食事がとても感謝された。歌丸会長は「知恵を出し合い息の長い支援をしていかなければならないとあらためて実感した」と話していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から