東日本大震災

米沢・南陽で東電の県内説明会 避難者対象、除染に質問相次ぐ

2011年08月24日
福島第1原発事故について陳謝する東京電力の担当者=米沢市・伝国の杜置賜文化ホール
福島第1原発事故について陳謝する東京電力の担当者=米沢市・伝国の杜置賜文化ホール
 福島第1原発事故のため本県に避難している人たちを対象にした東京電力の説明会が23日、県内でスタート、まず米沢市と南陽市で開かれた。緊急時避難準備区域の解除や原発周辺地域の長期間居住禁止が検討される中、避難者からは古里で生活できるかどうかに関わる除染について質問が相次いだ。

 平日の開催だったが米沢市の伝国の杜置賜文化ホールに約150人、南陽市えくぼプラザには約40人。東電福島原子力被災者支援対策本部福島地域支援室の担当者ら4人が原発事故の影響について陳謝し、説明に当たった。

 両会場では住宅や地域の除染に関する要望が殺到。「自分で除染しても後で再び線量が上がった」「東電が一軒一軒(除染して)回るべきだ」「山や水など全ての除染は可能なのか」との声に、「事故の責任者としてできる限りの取り組みをしたい」と述べた。

 福島市など中通り地方からの自主避難に対する補償の言及はなく、説明会終了後に直接担当者に対応を聞いた同市の女性(33)は「はっきりしない答えだった。自主避難といっても(放射線量が高い)状況のせいなのに」と困惑する。同支援室の土堂広一副室長は「伺った意見や要望はきちんとトップまで上げていく」と語った。

 31日まで県内計10市町を巡り、24日は酒田市と鶴岡市で開催される。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から