東日本大震災

営業休止して被災者支援の温泉旅館 「フェースブック」に応援ページ

2011年07月24日
「山茱萸」で開かれているお茶会。南陽市外からも避難している人たちが集う=南陽市
「山茱萸」で開かれているお茶会。南陽市外からも避難している人たちが集う=南陽市
 インターネットの交流サイト「フェースブック」に、南陽市赤湯の温泉旅館「桜湯山茱萸(さんしゅゆ)」の応援ページが開設されている。東日本大震災の発生後から通常営業を休止し、被災者支援に取り組んでいる同旅館を応援しようという試み。発起人の自営業近藤幸広さん(57)=愛媛県=は「山茱萸と同じことはできないが、できる方法で応援したい」と話す。

 震災後間もなく被災者の受け入れを始めた山茱萸。同市内で車中泊している避難者に気付き、部屋を提供。大浴場も開放した。当時はガソリン不足で通常の営業が難しい状況。集まれるスタッフの協力もあり、3月16日に自主的に避難所運営を始めた。

 「旅館が来訪者をもてなすのは自然なこと」と須藤憲一社長室長。災害ボランティアの経験が無い中、物資提供や保健師による健康相談など手探りで取り組んだ。福島県災害対策本部から情報を集め、問い合わせに応じられるよう努めた。

 2次避難先となった現在も被災者向けの運営を継続。お茶会や大浴場の利用で週延べ約450人が訪れる。同県南相馬市の石崎幸一さん(85)は「畳の上で楽に話せる。友達もできた」と笑う。同市の女性(60)は「今後のことで息子夫婦がもめる。家族だけだと息が詰まるの」。山茱萸は境遇を分かち合い、悩みを吐き出す場になっている。

 通常営業を休止しているため経営は赤字。「なんとか頑張る」(須藤社長室長)とするが先行きは不透明だ。こうした状況を旅館のホームページで知った近藤さん。「仕事で縁があり、いつか泊まろうと考えていたので驚いた。応援したかった」と話す。

 個人で支援を呼び掛けても広がりを欠く。家族が勤める東京都内のインターネット会社の協力を得て、フェースブックの応援ページを開設。支援金やボランティアスタッフ、物資などを募集し、英語版のページも作成した。

 集まった支援金は6月末までに250万円以上。宿の運営に役立てられており、応援ページで収支報告が掲載されている。近藤さんは「募金をすれば終わりじゃない。継続的に取り組み、広げていきたい」と話す。応援ページのアドレスはhttp://www.facebook.com/sansyuyu
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から